大日本帝國軍の愛と友情の日々

逓信省の検閲済でありますが、男色趣味満載ですので、苦手な方は華麗なターンでご退却下さい!所謂BL小説サイトです。右側に注意書きがございます。必ずご一読ください

≫ EDIT

  綿津見の波の色は・第佰捌拾玖話

殆ど一睡もせぬままに、縁側に腰をおろして東雲の空を見上げている。そうして、嵩利はつらつらと昨晩の情景を思い返し、先程抜け出してきた閨のあるほうへちらと眼を遣り、直ぐに庭へ移す。

―まったく、どうかしていた。あんな真似を…。

箍の飛んだ嵩利は、あのまま一刻ほどの間、長椅子のなかに鷲頭を押し込めて、もみくちゃにして喰らい尽くしたのである。専ら公務、来賓を招くような洋館の、その天井にまで艶かしく喘ぐ鷲頭の声が響くのを、うっとりして聴き入った。

その後には、組み敷いたその背で皺だらけになった夏軍装の上衣、情事の舞台にした調度品幾つかが残された。然も長椅子には、緩く曲線を描く優美な肘掛けの滑らかなはずの部分に、爪で引っ掻いた疵がいくつもついてしまっている。

それらを確かめに戻ったのは、深更になってからだ。やらかしてしまった、と嵩利は酷く後悔しながら、どのように鷲頭へ話を切り出そうかと、洋館にひとり呆然と佇んだ。

鷲頭はと言うと、元々公務で疲れ切っていたところに、烈しく燃え上がるような愛の行為に身を委ねた結果、和館に戻って湯をつかったところで限界に至り、満ち足りた表情で幸せな眠りにおちたのである。

曙光がさす前のひと時、嵩利は縁側から立って奥へ入ってゆき、洋館から回収してきた鷲頭の夏軍衣に火熨斗をあてて、綺麗にしておくことから日常を取り戻すことに決めた。


「おはよう」

耳に届いたのは、いつもの穏やかな声だった。枕元に支度しておいた新しい軍装に袖を通してい、見慣れたいつもの端正な姿をした鷲頭がそこに居た。嵩利は居間で茶の支度をしているところで、顔をあげて鷲頭を認め、挨拶を返す。

「おはようございます」

すんなりと普段どおりの抑揚で言葉が出てきたのも、鷲頭の落ち着いた様子を目にしたお蔭かもしれない。嵩利はくだくだしくせずに、長椅子の件を伝えることに決めた。

「調度品の長椅子に少し疵をつけました」

「そのことなら心配せずともよい。丁度、週明けに内装や家具職人が立ち入ることになっている。疵や不備は手直ししてゆく筈だ」

頷いて何でもないことのように言い、座卓を挟んだ目の前に腰をおろすのを、嵩利は感服しつつ認めた。あれだけの行為に耽ったというのに、昨夜の艶の名残をひとひらも匂わせていない。

己が休暇に入ったこともあって、翌日も―即ち今日が平日だというのもすっかり思考から飛んでいたから、内心どうなることかと気を揉んでいたのだが、流石は鷲頭である。その心配は無用だったようだ。

「そうでしたか…」

ふっと肩の力を抜いて俯き、小さく安堵のため息を漏らす嵩利を、微笑ましく思いつつ見詰めながら、鷲頭は黙って茶を啜った。

“昨夜は時も場所も弁えず云々”などと、もう以前のように口喧しく叱言を繰り出すこともしないでいる。そんなことをせずとも、夜が明ければこうしてしおらしい顔をみせているのだから、それで良いとおもっている。

「そろそろ、出る」

「随分、お早いのですね」

「うむ…、今日は午前中に大事な用件が入っているのでな」

言いながら座を立った鷲頭は、送ろうとする嵩利を目顔でとどめて座らせる。寂しそうに、つくねんと座りなおした伴侶の傍らに膝を落とし、両の頬を掌で包み込むと、つくづく顔を窺った。

「何という表情をしているのだ…。私は昨晩この上もなく、満ち足りた眠りに就いたというのに。…恐らく一睡もしておらぬのだろう?」

僅かに憂いを含ませて、眉を寄せて言う鷲頭から、ちらと甘いにおいが漂う。それだけで、嵩利はどきりとした。武骨な手指が慰めるように頬を撫で、次いで腕と胸とに頭を抱き留められ、喉元に滑り込んだ指が顎先を捉える。

鷲頭が呉れたのは、軽く啄ばむくちづけを一度きり。

「さあ…、何の憂慮も要らぬ。後でもよいから、きみもゆっくり眠るのだぞ」

翌朝になろうとも、以前に鎧っていた厳しさの殻はやはり戻っては来なかったが、鷲頭の抱く深く大きな愛情に何の隔たりもなく包まれるのを感じて、嵩利は逆上せあがるのを隠せなかった。

「では、行ってくる」

「…はい…」

肌を重ねて抱いて貰ったわけでもないのに、何という心持ちにさせるのだろう、と居間を出てゆく鷲頭のかたちの良い背を見送った。
→【40話】 →目次へ戻る

web拍手 by FC2

| 綿津見の波の色は・181―190話 | 21:57 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

  綿津見の波の色は・第佰捌拾捌話

内心で激しい葛藤と闘っているということにも気付かぬまま、鷲頭は嵩利を他所に、持ち出してきた椅子を元の小部屋に仕舞いに行ったあと、薄暗くなってきた室内の照明を調達している。ゆったりとした歩みを進めながら、壁に設えられているスコンスを燈してゆく。

壁面の一角に暖かな色が燈ると、室内に漂う薄闇が存在感を増した。

僅かに翳り始めた陽を報せるように、洋館を囲む深緑からは蜩の鳴く声が聞こえてくる。和と洋の美が調和を成すこの華麗な空間に、侘び寂びを想起させる粛々とした蜩の声が流れて違和感もなく溶け込み、今度はまるで相反する閑寂な趣が立ち現れてくる。

そのなかに立つ二人の男は、少しの間を置いて対峙した。

改めて嵩利を頭からつま先までじっくりと眺め、自然と浮かぶ笑みを堪えようともせず、手近な長椅子に腰を下ろしながら嵩利へ視線を送り、隣へ来ないかと誘ってみる。

「…まだ、怒っているのか?」

訊いてはみたが、判じかねた。

剣呑な色にも似たものを滲ませて、じっと鷲頭を見詰め返している伴侶は相変わらず黙ったままで、ともすると本当に誰か知らぬ男のようにも見えてくる。概ねそれは、口髭の似合う逞しい面構えになった所為もあるのだろう。

「ん…」

長椅子の上で身じろぎをしたとき、左の脇腹が疼いた。寝込みを襲われたときだな、と鷲頭はそこを軽く擦った。からだの動きを封じ込められまいと、少し無理に捻ったのだ。

「きみがあのような真似をするとは…」

背凭れにからだを預けながら言う鷲頭は嵩利から視線を外すと、物憂げな声音を響かせた唇から、ほうっと微かなため息を漏らした。口許へ遣る手の動きは緩やかで、指先がゆるりと口の端を撫でてゆく。

その緩慢な動きにさえ、艶かしい匂いが漂う。

己が与えた毒の甘さを思い出したから、というだけでは最早ない。そもそも先刻からして―否、そうではない。もう既に、あの侵しがたい寝姿を以って、その匂いがあったのだ。そう嵩利は結論付ける。

おそらく、己の変化に鷲頭は気付いていない。言葉ではとても表せぬほどのものだのに、それを嗅ぎ取ったのが果たして、伴侶である嵩利だけに留まっていたのか、どうか。

「本当に…あれをぼくだけに見せていると、言い切れるのですか?」

とてもそうは見えぬと、こちらを振り向く鷲頭の困惑した表情を認めながらおもい、嵩利は窓辺を離れて長椅子へ詰め寄った。

「凡そ長官らしからぬ振る舞いだと、言いたいのだな?公邸で転寝など、あれが初めてだ。もうせぬと誓って言う。だから―」

もう怖い表情はするな、とそう継ぐ筈の言葉は響かなかった。前触れもなく唇を奪われ、蕩かされるくちづけによって果敢なく、尽きる。

抱きすくめられ、そうしながらゆるゆると傾れこんで椅子に横たえさせられたからだの、軍衣の隙へ手指が忍び込んで探ってゆく。それらに含まれるのは、噎せるほどの甘さを含んだ蜜だ、と鷲頭はおもった。知らず、ぞくり、とからだに戦慄にも似た震えがはしる。

確かに、伴侶の―嵩利が与えてくれる甘さには違いなかった。それは疑いようがない。それでも、どこか獰猛な飢えを滲ませた行為は、ともすれば鷲頭をいいように弄びかねぬような、荒々しさを孕んでいるように感じる。

濃い情欲の匂いを紛々と放って憚らぬ伴侶の、逞しい顔つきは凄艶としか言いようがない。首筋に吸いつかれて離れたときの横顔を認めた鷲頭は、そうおもって思わず呻いた。

ここに居るのは鷲頭の知らぬ嵩利だ。

それにしても怪しからん、と戒めを心で呟くも、半ばで掻き消す。夜の帳がおりる今、二人を隔てる力は存在しない。此処は疾うに、二人だけの時と場所へと密やかに音も無く入れ替わっている。

―きみがどの様に変わろうとも、それは些細なことだ。死を以ってしても別てぬ愛を与えてくれたのは、きみだ。委ねることに何も躊躇いはない。これで私は、漸くきみの半身となれる…。

無上の喜びを感じながら、嵩利の愛撫に応えてゆく―。


本当にこれで、余人に覚られていないと言い切れるのだろうか、と嵩利は腕のしたに組み敷いた鷲頭をみて思った。

このような公務に就く場所で、分別の無い行為に耽っているというのに、甘さを含んだ叱言さえ、鷲頭は口にしていない。充分にその隙を与えている積もりだ。

その匙加減もそろそろ怪しくなりかけているが、それもこれも、鷲頭が原因であると言いきっていい。

海軍大将の身形を疾うに暴かれ、愛された証を遠慮なく肌に刻まれ、からだを拓かれつつある鷲頭には、やはり変わらぬ、落ち着いた艶と色香が匂っている。

けれども、嵩利の為すがまま、抗わずに快楽に応える様をみせるのは、いま、これが初めてのことだ。

「あ…ぁ…ッ」

未だ嘗て、これ程までに甘く鳴く声を聴いたことはなかった。嵩利の与える蜜の毒に酔うことはあっても、溺れることはなかった。どこかに必ず自制を残していたのに。

慎重に解した後孔へ、指をふたつ根元まで挿しいれて内壁を探り、押し上げて掻くようにじっくりと愛撫を続けている。

「あ…あ、また…だ…。あぁ…ぁ…ッ」

頃合を計って、突き込むようにしながら手首を返し、裡へ沈めた指を翻して内壁を擦りあげた。鷲頭のからだが、びくっびくっと大きく跳ね、後孔が収縮して指を締め付ける。

鷲頭の一物は、半勃ちになったままだ。それでも今の行為で達したかのような快楽を得ていた。鷲頭は熱に浮かされたようになって嵩利の首へ腕を回して縋りつき、浅く早い呼気を漏らして息を整えている。

からだが漸く弛緩したところで、やさしく抱き返すと、甘えるように肩に頭を預けてくる。

「落ち着きましたか…?」

「ああ…少しは、な」

やはり和館へ戻ってからでないと、存分に行為に耽ることはできぬと思ったが故、思案した結果なのであるが、鷲頭の反応が余りにいじらしい。どうかすると、理性と常識が彼方へ飛んでゆきそうになる。

「まさかとは思うが、これで仕舞いなどと言ってくれるなよ」

不意に、耳に触れる程に唇を寄せられ、低く囁かれた言葉に、嵩利は己の中で何かが切れる音を確かに聞いた。
→【39話】 →目次へ戻る

web拍手 by FC2

| 綿津見の波の色は・181―190話 | 23:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

  綿津見の波の色は・第佰捌拾漆話

陸へあがってみたものの、夕刻といっても夏のこと。瀬戸内に浮かぶ島々の影に陽が隠れるには、まだまだ刻がある。それでも周囲を囲む山から、夕涼みの心地よさを孕んだ風が吹きおりてくる。

その山風は、昼の熱気と人々の活気に溢れた呉軍港を囲む町並みに、ひと仕事を終えたあとの憩いを届けているようでもあった。民家からは夕餉の炊事のいい匂いがたちのぼり、中道にある商店街にも人々が行き交い、賑わいをみせている。

こうした風景を工廠の外れから眺めるのも随分久しぶりのことで、嵩利は暫し足をとめて眺めると、微笑を浮かべた。後ろを振り返れば、既に軍艦色に塗装された長門が工廠のドックに鎮座している。

艦内に詰めきりになっていると忘れがちなことが、この瞬間、一遍に押し寄せてきて嵩利を包む。人としての日々の営みの大切さが染み入ってくる。やっと心身に己が戻ってくるような感覚と安堵とを覚えて、入船山へ顔を向けた。

帰ろう。と、その思いだけが嵩利を動かした。喧しい程の蝉の声が響くなか、ゆるやかな坂道へ歩みだす。


暑気渦巻く昼間にあっても、山に囲まれた入船山の公邸はどことなく冷涼であり、相変わらず静謐な場所である。鷲頭は鎮守府で公務に就くことが殆どだが、偶に公邸に居ながらにして軍務の指揮を執る日もあった。

今日はそのような一日で、朝から慌しかった。

来客が続き、執務室へかかってくる電話も副官が全て受ける、といった具合で、時計の針が午後三時をさす頃になって漸く落ち着いたのだが、波が引いてみればその実、受けた用件は左程に急を要することではなく、然しながら報告を要するものもありという、なんとも間延びしたものであった。

副官を鎮守府へ報告の使いに遣るのと同時に、そのまま本日の務めから放免してやる積もりで送り出すと、鷲頭は暫しの逡巡ののち、執務室には行かずに、執務室に隣接している小部屋から安楽椅子を持ち出してきて、深い緑を眺め渡せる応接間の広い出窓の片隅に設えると、そこへ身を沈める。

来客と言っても和やかなものではなく、会談や交渉といった折衝を含むものばかりで酷く気疲れしてもいたから、程なくして鷲頭は眠りにおちていった。静かな寝息の他には、コチコチと刻む時計の針の音のみで、恰も癒されるべく保護されているかのように、妨げるものは何もなかった。


なだらかな丘を登りきる頃に、変わらぬ静かな佇まいの公邸を認めて、嵩利はその前庭から洋館部分の建物を見渡した。そこは未だ一度も入ったことのない場所でもあり、内装などは美の極みを尽くした趣き、と評判の高さは噂に聞いている。然し、“公”を含む場所だということを思えば、無断で立ち入って覗くことをしてはならない。軍務などに差し支えないときに鷲頭に頼めば、きっと見せて呉れるだろう。

そう期待を抱きつつ、何時ものように洋館を回りこんで、奥に続く日本家屋の方へゆこうと視線を動かしたとき、薄いカーテンのひかれた窓辺に人影が見えたような気がして、嵩利は出窓のふちへ歩み寄った。

部屋の隅には、椅子に身を委ねて眠っている鷲頭がいた。

はっきりとは窺えないが、いやに窶れて顔色が良くない―嵩利は硝子越しに鷲頭を認めてそう思った。身に纏う夏軍装の白さの所為か、はたまた窓硝子に染みてしまいそうな程の、緑濃く茂る葉の照り返しの所為か。それならば杞憂に終わるが、久しぶりに見た鷲頭の顔だのに、こうも疲れきっているような寝顔であることから、嵩利は堪らなくなった。

―もう、この際、構っていられるか。

叱られたなら、それならそれでいい。意を決して身を翻し、居住部分の和館へあがると廊下を通って洋館へ続く扉を潜った。広々とした空間に犇めく内装と美の数々に眼も呉れず、嵩利は猫のような身ごなしで部屋をすり抜けて鷲頭のもとに向かった。

眠りを妨げまいと思い、急く気持ちを抑えたつもりだが、鷲頭の傍らに立つまでの間に物音ひとつ立てなかったわけではない。それなのに、一向に眼を覚ます様子がなかった。

休日ならまだしも今日は平日、しかも本来ならまだ庁舎を退く時刻ではない。例え午睡をとることが軍務のひとときの休息に入っているとしても、普段の鷲頭ならば―少なくとも嵩利の知るこれまでの鷲頭ならば、あり得ぬ事態である。

若しやどこか体を悪くしてのことかと、改めて寝顔を見詰めてみるが、先程よりは幾分か落ち着いて様子を覗えたこともあり、初めに抱いた不安はどうやら杞憂に終わった。ただただ、穏やかな眠りに落ちているだけなのだ。

―ああ…、良かった。

その確信を持って安堵するも、鷲頭の余りの無警戒且つ無防備な寝姿に、どうしてよいものかと狼狽を感じてさえいた。黙って傍らに跪き、つくづくと寝顔を見守ることも、後ろめたくなるようなものが、今の鷲頭にはあった。

鬢と前髪に少し白いものが増えたような気はするが、精悍さは薄れていない。感じたのは、常に身に漂う酷寒に耐えるが如くの厳しく張り詰めた気配が微塵もないことだ。それに伴って、象徴とも言える眉間の皺が殆どないことも大きな要因だと、嵩利は今更のように気がついた。

―何時からだろう。ぼくの隣で、ぼくの腕の中で眠るときのほかで、このような寝顔を晒すことがあるのか。

と、ふとそんな思いが頭を過ぎる。嵩利が認めるまでの間に、余人の中で鷲頭のこの姿を認めた者はあるのだろうか。

―若し、あるとしたなら、嫌だな。

俄かに、他愛もない怒りと我が侭な嫉妬が絡みつく。絡みついたそれが、とろり、と心の裡を舐めるように掻き混ぜ、妖しき甘い蜜が在ることを思い出させる。

ここに居るのは、嵩利が知らぬ鷲頭だ。どこか侵しがたいこの午睡の聖域を毀してでも、暴きたてて、強奪したい。そう思うと抑制が利かなくなった。

指を伸ばして、頬に触れた。そのままじわじわと這わせて耳朶に触れ、弄るように撫でつつ、身を屈めて唇を奪った。初めは軽く吸い、次には食むように唇を含み―

「―ッ、ん、んん…ッ!」

そうして突如、眠りから引き摺り出されて覚醒した鷲頭は、咄嗟に跳ね起きようとしたが、失敗に終わった。椅子の背と体の隙に腕を差し込まれ、がっちりと抱き竦められてしまう。

―何たる不覚。これが夜討ならば、枕を蹴られたことにも気づかず、眠りこけた挙句に、斬られるようなものではないか。

三度目に唇を盗まれるとき、相手の薄い口髭が触れるのがはっきりとわかったが、顔を認めることはできなかった。誰何することも叶わず、圧し掛かられる勢いのままに唇を割られ、口腔を舌で犯されるが、この体勢では到底反撃できない。

舌を絡め取られて愛撫を受けたとき、嬲られる屈辱を覚えながらも快楽を得ている己の浅ましさに悔しさが募り、涙が滲んだ。怒りの余り、相手の舌を己の舌ごと噛み切ってやりたいとさえ思った。が―

相手の、頬を撫でる手つきと肌の感触。首筋から漂う針葉樹の葉にも似た爽やかな香りに混ざる、染み付いた潮の香に、鷲頭は遂にそれが誰であるかを悟った。漸く寝覚めの朦朧とした意識から抜け出したが故の、認識である。

この相手が、嵩利だから良かったようなものの…と、まだぼんやりとするなかで鷲頭は思い、らしからぬ伴侶の行為が、このような場所で暢気に転寝していることへの叱責をも含めているのだろう、という結論に至った。

今まで抵抗らしい抵抗が出来なかったこともあり、鷲頭は観念して瞼を閉じ、敢えて嵩利の行為を受け入れ続ける。幾度も深くくちづけられ、舌を蕩かされる度にからだを震わせ、体が奥から火照って炙られるのを感じて、低く、呻くように喘いだ。

静寂に包まれた瀟洒な公邸の洋館には到底相応しくない行為に及んでいることは認めていたが、今の鷲頭にとっては嵩利の想いを受け止めることのほうが重要だった。

「春美…さん」

強奪が成功した、と内心でほくそ笑みながら、体を拘束していた腕を解き、身を起こした嵩利は、椅子のなかでくたりとしたまま己を見上げている鷲頭を見詰めて、息を飲んだ。その身に何時もの怒気も覇気も宿らず、重ねて何時もの雷の如き叱責が飛んで来ないのだ。

まるで夢から覚めきっていないひとのように、恍惚とした表情。然しその視線は彷徨うことなどなく嵩利へ静かに注がれ、己が浸した蜜の甘い毒に中てられたことを示すように、双眸は情欲に揺れてもいる。

「すまん。…迂闊であった」

そう言ったあと、椅子から身を起こして立ちあがり、嵩利と向き合った。それから赦しを乞うように切なげな色を視線に乗せ、鷲頭はそっと腕を伸ばして嵩利の頬を両掌で包み、鼻下にたてた口髭をそっと指さきで撫でて微笑んだ。

「よく似合うぞ。…どうした。…怒っているのか?」

嵩利は、今までの鷲頭の反応が偶々今の事象と重なってのものなのだ、無理やり寝込みを襲って、溶かすようなくちづけで攻めたてた所為なのだ、とどこか縋るような思いで、言葉を紡ぐ。

「いえ…。ですが…ここに入ってくるまでに幾らか物音は立てたのですが、すっかり熟睡なさっているうえに、余りに春美さんが無防備に過ぎたものですから、つい…」

我が侭な怒りと嫉妬とにかられての行為だったと素直に白状したが、それを聞いた鷲頭は少し困ったような表情をして嵩利を見ている。

「…今日は既に軍務を退いていた後のことであった所為もある。だが、何処に居てもあのような姿を余人にまで晒していると思われては困る。自邸に居るような、プライヴェートな時だけだ」

鷲頭がそう言いつつ、戸惑ったような、照れているような表情をしているのを、嵩利は眼を瞠りながら見詰めた。

「ここには誰も入って来ないのをいいことに、午睡をとっていたが…。全く以って不覚であった。きみが口髭をたてたことなど知らぬし、咄嗟のことで直ぐにきみとはわからなかったから、見知らぬ男に襲われて押し入られるかと、ほんの少しの間だが考えもして、気がどうにかなるところだった…」

恥を忍びつつしおらしく言う鷲頭を、嵩利はなおも絶句したまま見詰め返していた。いま己がどのような表情でいるか分からないが、鷲頭はこの沈黙を誤解して受け取ったようだった。

「ほんの僅かでも、伴侶であるきみを誰とも知らぬ男と間違えたことはゆるして欲しい。兎角…このところの私は、きみが傍に居ると思うと気が緩むのだ」

やはり、穏やかな気配に包まれたまま変わらない。何かが剥がれ落ちたように違う。例え寝ても覚めても、ここに居るのは嵩利の知らぬ鷲頭だ。
→【38話】 →目次へ戻る

web拍手 by FC2

| 綿津見の波の色は・181―190話 | 00:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT