大日本帝國軍の愛と友情の日々

逓信省の検閲済でありますが、男色趣味満載ですので、苦手な方は華麗なターンでご退却下さい!所謂BL小説サイトです。右側に注意書きがございます。必ずご一読ください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


web拍手 by FC2

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

  変わらぬ青空のしたで・第肆拾壱話

 それから大して時間が経たないうちに、惟之の言ったとおり、部下の佐官らが部屋を訪ねてきた。

 しかも川上まで一緒にいる。その様子を見る限り、どうやら不穏な事態―というには、大袈裟だが―にならぬよう、間をとりもつ積もりでついてきたようだ。

 友人でもある佐官らは、一様に神妙な顔で和胤へ謝意を示している。皆気のいい連中なのは、少尉のころからの長いつきあいでわかっているから、背中がこそばゆくなる。

 「何も、怒っちょらん。本当じゃ。これでも貴様らの気が済まんのなら、佐々井で牛鍋をたらふく食わせてくれりゃええ。それで帳消しじゃ」

 上官のまえでこのような態度をとるのは、多少気恥ずかしい。立っていって、まず竹内の肩を軽く叩いた。

 和胤はもともと穏やかな性格で、滅多に怒ったりしない。しかしその分、怒ると本当に怖い。友人らは、和胤が袋叩きにされた理由を知って、これではさすがに怒ったにちがいないとおもったのだろう。和胤のこのことばをきいて、ほっとしたのと同時に、やはりまだ済まなさそうな表情を崩していない。

 「よしよし、若い者同士で行ってこい。おれはくたびれたけぇ、ひと足先に帰るとしよう」

 寝転がったままその様子を見守っていた惟之は、ひょっこり起き上がって、いつの間にか身支度を整えている。扉の傍に立っている川上の隣へゆくと、副官を含む佐官らを振り返る。

 「このぶんでは夜まで碌に列車も動かん。明日は休日じゃけぇ、帰りは気にせず、気兼ねなくあそんでこい」

 にやっ、と意味ありげな笑みをつけたすと、川上と目配せして部屋を出てゆく。やはりいくら部下に慕われているといっても、上官がのこのこくっついて行っては、かれらは羽を伸ばせまい。

 最初、和胤が部屋にきたとき、深刻な表情でいたから内心冷や汗をかいていた。それが変にこじれずに済んで、惟之は胸を撫で下ろしている。

 「まったく、あんならときたら。普段はおれを、しょうのない悪戯坊主のように言うちょるくせに、これでは大して変わらんではないか。のう、川上さん」

 「そうですなあ。…じゃっどん、山口クンにはほんのこてすまんこつごわした。近いうちに、おいも詫びに行きもそう」

 眉をさげて、ため息混じりに言う。最初に惟之の拉致を謀ったのはじぶんであると、川上がいくら弁護しても、第一局の若手参謀らは聞き入れなかった。

 つい先日まで副官として手許に置いていた和胤を、川上が可愛がっていたことを知っていたから、庇っているという思い込みがあたまから離れなかったのだ。川上がそれを覆すまえに、和胤は瞬く間に袋叩きにされてしまったという経緯である。

 「うちの連中は、参謀のくせに血の気が多くていけんのう」

 「それだけああたと一緒に、ユッサをしたかったんやっどが、杉サン。お詫びとゆては何やっどん、今夜一緒に食事しんか。ああたの邸に料理人を招んで、作らせもそう」

 「おっ、そりゃァええのう。そんなら、このところ食うちょらんけぇ、洋食を馳走になろうかのう」

 ふたりで廊下を行きすぎつつ、そんな会話を交わして、習志野原の官舎を出る間際、恩田が入口で待っていた。
津田沼まで送ると言う。さすがに、雪のちらつく帰り路を、将官ふたりで歩かせるというわけにはゆかない。加えて惟之はまだ療養中なのだ。

 車に乗ってくださいと言う恩田だったが、惟之ははじめ断っていた。門の脇で他愛もない押し問答をしているうちに寒さが身に染みてくる。ぶるっ、とからだを震わせて、惟之は仔猫のようにちいさなくしゃみを連発した。

 「ほれ、言わんこっちゃーない。風邪でもひいてこじらせたら、新垣軍医長に叱られるちゃ。職務復帰を先延ばしにされてもおれは知らんよ。それが嫌なら諦めておとなしく乗りんさい」

 その様子をみて堪りかねた恩田は、川上がいるにも拘わらず、丁重に接していた態度を普段のものにして、惟之を諭した。

 「噂をすれば、新垣サンが来もしたなァ」

 川上は別段、そんな恩田を咎めるでもなく、入口を振り仰いでのんびりとした声を発した。惟之はまた冗談かとおもったが、医務鞄を提げたひとりの将校がこちらへ歩いてくるのが見えた。

 新垣も一緒に車へ乗り込み、恩田の慎重な運転によって三人は帰途についた。津田沼駅に着くと、列車が停まっていた。折りよく雪が小降りになってきたところで、発車までそう時間はかからないという。

 車中のひととなるや、あれよあれよと言う間に、惟之は迅速に自宅まで送られ、自室で新垣から濃やかに診察を受けたあとは、袴をつけた和服すがたで、すっかり寛いだかっこうになっている。

 辞そうとする川上や新垣をひきとめ、居間に座って茶をすすっていると、ここを明け方に和胤と出て行ったのがつい先刻のように感じられた。

 「しかし今日は、楽しかったのう」

 ずっと自宅療養で軍務から離れていただけに、今回の演習は督励のみとはいえ、充実したものだった。にこにこしながら言う惟之へ、新垣はやわらかい表情を向けて頷いた。

 「杉閣下、このまま、あとひと月きちんと養生なされば、職務に復帰していただいてもよろしいですよ」

 そう言われて喜色満面でいると、禁酒禁煙と申し渡されていたのも、却って好きなものを続けていたほうが、からだには活力になることもままあるとのことで、これからは少量に抑えれば摂ってよいとも告げられる。

 「今日はあの雪のなかを走りまわったが、よう動けたものじゃ。以前に比べると、どことなく身体が軽い。療養のおかげじゃろうな」

 改めて、健康の大切さを知ったおもいがしたのだろう、酒と煙草をゆるされたとはいえ、ここは少しばかり神妙な顔で言う。ふたりはそれで安心し、今度こそ杉邸を辞していった。
→【30話】 →目次へ戻る

web拍手 by FC2

| 変わらぬ青空のしたで・41―50話 | 00:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://landofrisingsun.blog66.fc2.com/tb.php/46-b5a0584c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。