大日本帝國軍の愛と友情の日々

逓信省の検閲済でありますが、男色趣味満載ですので、苦手な方は華麗なターンでご退却下さい!所謂BL小説サイトです。右側に注意書きがございます。必ずご一読ください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


web拍手 by FC2

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

  綿津見の波の色は・第佰陸拾壱話

「―片瀬へゆくのは、随分久し振りになるのではないか」

どこまでも緩やかな浜辺が、車窓のそとに続いている。青い海と寄せる白波は穏やかで、やわらかく砂浜を撫でてゆくようなのどかな潮騒が、嵩利の耳を絶えず擽っている。

「そう…でしたか…?」

この波の音を聞くのが、それほどの時を隔てていたということかと、ゆったりと走る江ノ電のなかでぼんやりと思う。

「進級して海へ出るまで、霞ヶ関と市ヶ谷と、青山の自宅を行き来していただけだっただろう。もう忘れたのか」

嵩利は、呆れ返ったといいたげな鷲頭の声を右の耳で聞きながら、ウン、と生返事をおくった。

―まったく、しようのないやつだ…。

いまでこそ夢心地に漂うような顔をして隣に座っているが、榛名から降りて横鎮の庁舎へ入ってきたときの嵩利は、厳しく張り詰めたような表情をしていた。それがまだ、鷲頭の瞼の裏に焼きついている。

海軍大佐―艦長―それがいまの嵩利が担う当然の任務であるから、表情にも言葉にも出していないが、その働きぶりに鷲頭は内心で目を細めている。

艦長が間違うことなく、全身全霊をこめて艦を担っていたから、長官である鷲頭は何一つ案じることなく海上生活を満喫していた。嵩利のあの表情はその証のひとつでもある。

誇張でも何でもない。

長官公室でまことにのんびりと過ごしていたのである。榛名乗組のあいだでは、“長官と参謀長は毎日のように、午後いっぱいチェスにうち興じているらしい”という噂が流れたこともあったようだが、実際そのように過ごした日もあったのだ。

独りで艦の全てを背負ってゆかねばならない、大変な重責であるが、艦長の任を何事もなくこなせたならば、将官としての資質は充分である。もっとも嵩利は進級の為に働くような男ではないが―

「何だか…、気が抜けてしまいました。春美さんは…何から何までご存知だったんですね」

ぽつん、と呟くようにして言う声と共に、ちょうど鷲頭の耳へ溜め息にも似た吐息がかかる。

「渡航のことか。あれは…きみが日に日に何かを思いつめているような様子だったし、私はあの艦でただ居座っているだけの身だ。参謀長副官に言いつけて、それとなく様子を聞いていたのだ」

「ぼくは…別段これといったことは、羽田大尉には話していませんよ」

「きみについて、十のうち一厘でもわかれば、私にはそれで充分ということだ」

横鎮の庁舎を訪ねて、橘田参謀長へ渡航について伝手を願うまでもなかっただけでなく、早ければ三ヶ月以内には目途がつくと切り出されて、本当に驚かされた。

「さあ、もう稲村ヶ崎を過ぎたぞ。そんな呆けたような顔でご両親に会うつもりか?」

「そうですね。まさか、また制服を着て帰ることになるとは思ってもいませんでしたが…」

いまは平日の午後である。腰越の停車場に降り立つと、早朝の漁を終えた網元の家々から漂う炊き出しの匂いや、石垣に干した投網に染みついた潮の匂いといったものと混ざり合った、懐かしい街並みの空気が一度に押し寄せてくる。

「ああ…」

何かを堪える顔つきで呻くような声をあげて、嵩利は道端に佇んで辺りをゆっくりと見渡した。黒い眸が俄かに生き生きと輝きだし、先ほどまで車内でみせていた、壮年の男の疲れきった姿ではなくなっている。

片瀬の家への道を辿る歩みが進むにつれて、嵩利は海の子へと還ってゆくようである。後ろ姿に漂う少年のような無邪気さと、振り向いてみせる屈託のない笑顔とに、鷲頭は初めてかれの家を訪ねたときのことを思い出していた。

あのとき鷲頭は大佐で、日進の艦長に復帰する前だった。嵩利へ艦長副官に就いてくれと頼みに行ったのが、まるで昨日のことのように思える。

午後の霞がうっすらとかかった江ノ島は、新緑が煙るように揺らいでいる。空と海の青のあいだに浮かぶ瑞々しい樹々の色は、長く陸を踏まなかった身にとって何よりの慰めになる。そしてそれが誰よりも愛している伴侶の代え難い故郷のものとなれば、尚更である。

嵩利の生家がみえてくる。裏と隣の竹林も変わらない。素朴な垣根とその向こうにみえる前庭の、手入れの行き届いた小さな野の花の生垣、心地よく陽の当たる縁側―

「ただいま、帰りました」

嵩利の明るい声が軒先に響くのは、じつに五年ぶりであった。
→【12話】 →目次へ戻る

web拍手 by FC2

| 綿津見の波の色は・161―170話 | 22:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://landofrisingsun.blog66.fc2.com/tb.php/364-e736ccff

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。