大日本帝國軍の愛と友情の日々

逓信省の検閲済でありますが、男色趣味満載ですので、苦手な方は華麗なターンでご退却下さい!所謂BL小説サイトです。右側に注意書きがございます。必ずご一読ください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


web拍手 by FC2

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

  綿津見の波の色は・第佰伍拾壱話

大正四年の夏に、海軍大将那智源吾は海軍大臣に就任した。

次官は引き続いて鷲頭、艦政本部長に新見、軍事参議官だった加藤は軍令部次長になった。城内は現役復帰を容れて海軍大将の軍装へ再び袖をとおすと、那智と入れ替わりに海へ出て行った。

軍備縮小の先鋒であるはずのこれらの顔ぶれが、海軍の首脳を占めたというのに、八八艦隊案を推進したのには周囲の度肝を抜いた。先に建造されることが決まっている姉妹艦の計画の予定を妨げることもせず、那智はそれらを見守る姿勢をとった。

欧州大戦に於ける日本の活躍に、政府も国民も、やや浮かれている時期でもあった。

海軍が制圧した南洋諸島が”委託統治”として預けられたことを受けて、先の汚職事件のことはなかったような態度で、減らされていた軍事予算がその額を戻しつつ、おりてきはじめる。

那智は内心で呆れたが、涼しい顔をしておいた。

艦艇の政務に関することは全て造船から切り離して、艦政本部長の新見に全て任せることにしていたし、最も苦手な記者会見は海軍次官の鷲頭に頼った。軍令部次長に就いた加藤には海軍省は勿論のこと、陸軍の作戦の要である参謀本部との緩衝役としても、微妙な均衡をとって貰っていた。

―おらァ、たぶん歴代海相の中で、一番楽な御輿に乗ってンだろうなァ。

と、海軍大臣の執務室で時々そんなことを思ったりもする。しかし那智が大臣執務室の椅子のうえに鎮座していることは殆どない。

「おッ鷲頭、ちょっと御寮を拝借するぜ」

朝の閣議を終えると、ぶらりと次官室へやってくるなり、気軽に言う。

そうして嵩利を従えて海軍省から出て行って、そのまま一日帰って来ない日もあった。概ねそういう時というのは、前触れもなしに、ひょいと横須賀の造船所や工廠に姿を現して、視察に回るのである。

黙って椅子に座っていてもいい官職というのは、言ってみれば艦長だけ―但し乗組が優秀な者揃いに限る―で、その他は休みなく動くべきである、というのが那智の信条で、海軍大臣になってもそれは変わらなかった。

「―また、ですか」

次官室を訊ねてきた新見が、ぽつんと独りで机に向かっている鷲頭を認めて呟いた。もう何度目になるか数えるのも面倒であり、わざわざ訊くまでもない光景である。

「ああ、多分夜まで戻らないのだろうな」

その目許に苦さを浮かせて、鷲頭はちらりと隣室とを隔てる扉へ目を向けた。嵩利が居る日は開けたままになっている扉である。

こうして那智が海相に就いて指針を明確にした以上、盟友たる鷲頭たちの心からも、迷いは消えていた。欧州大戦開戦前後は実に暗澹として、気の休まる日も、晴れる日も少なかったが、煌々と輝く光であるように振る舞う那智の姿に、つよく励まされたのだ。

「どうせ今夜も遅くまで帰って来ないのでしょうから、加藤くんも誘ってたまには牛鍋を食べに行きませんか」

「そうだな、久しぶりにそうするか」

クラスメートだけで食事をするのも、何年かぶりになる。どちらともなく海軍兵学校時代のことを思い出し、ふたりは顔を見合わせて困ったような擽ったいような微笑を交わした。


その頃。那智と嵩利は新橋駅に居た。昼日中の騒がしいホームに列車が着くと、ふたりは一等車に乗り込んだ。

「大臣、本当に行くんですか?」

「おゥ、行くさ。呉鎮にも連絡してあらァな。お前ェさんにしてみれば、懐かしいだろ。ちょっと足伸ばして行って来てもいいんだぜ。そう言やァ、江田島じゃ夏でも牡蠣が食えるってェのは、本当かィ?」

まるでこどものように生き生きと目を輝かせている海相を、嵩利は心配の二文字が浮かんだ表情で見返した。昼になるかならぬか、那智が突然、呉へ行くと言い出したのである。遊覧へ行くのではないし、意図もわかっている。

那智はいま、新造艦を如何にして世に送り出すか、そのことに腐心している。あちこちの造船所や工廠を見て回りたいという気持ちはよくわかる。しかしそれにしても、余りにも唐突である。海相がこんな風に身軽に動き回るなどというのは、見たことがない。

そう、素直に言う嵩利に向かって、那智は軽やかに哄笑する。

「いいンだよ。おらァ、いま一番楽をしている身分なんだ。赤煉瓦に居たって大した働きにもならねェのさ」

「毎日…、いつ休息を取っておられるのかと、次官室に来られる方たちは零していますよ。呉へ着きましたら、お願いですから、少しはお休みになってください」

「あァ、おいらが諾かねェからって、鷲頭にご注進ってわけかィ。しょうがねェ奴らだな…」

那智に何かあったら、新見は勿論のこと、鷲頭にも合わせる顔がない。嵩利の眼はそう言っているようであった。沈着さと精悍さが具わってきた秘書官の顔つきに、ふと新見の貌が脳裏に浮かぶ。

「わかったよ、そんな眼で見るなィ。お前ェさんの言うとおりにするさ」

ふ、と真面目な顔つきになって言い、那智は慈父のような笑みを浮かべてみせる。嵩利がそれで漸く安堵の息を吐くのを認めて、目を細めた。
→【2話】 →目次へ戻る

web拍手 by FC2

| 綿津見の波の色は・151―160話 | 18:18 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

お邪魔いたします

ディープブルーのテンプレート、力作ですね。冒頭のリンクに恐れ多い思いがしました^^; 何の職につこうが変わらない那智閣下が頼もしいです。嵩利がいないなら扉あけといたってしょーがないもん、な鷲頭次官、しょーがないですw 同期の名が出るのは千尋とリンクしてニヨニヨしてしまいます(・∀・)b 作風から調べ物も多く並行は大変なことと思いますが、引き続き楽しみにしております。

| こんばんわ | 2011/01/17 22:46 | URL |

色々ありがとうございます。

いままでリンク貼らなかったのですが、貼らせて頂きました。
なんか、じぶんでテンプレートカスタマイズしてみたはいいけれど、色合いが難しくて凄い悩みました。

文字の大きさとかも。

話のほうですが、那智が海相になりまして、ここからある意味であの人たちにとっての黄金期が来ます。

長門陸奥が出来るまでとその後の軍縮、大正の終わりまで、筆を急がせないように、できれば自分の史観とかも入れて書いて行きたいとおもっています。

千尋に~、も書きます。あっちはあんまり小難しく書かない積もりでいるのですが、どうもそうはいかないような気がしています。

| 緒方 順 | 2011/01/17 23:39 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://landofrisingsun.blog66.fc2.com/tb.php/308-3f5c084a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。