大日本帝國軍の愛と友情の日々

逓信省の検閲済でありますが、男色趣味満載ですので、苦手な方は華麗なターンでご退却下さい!所謂BL小説サイトです。右側に注意書きがございます。必ずご一読ください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


web拍手 by FC2

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

千尋に届く波の音・第壱話

 巡洋艦乗組となって、日々の航海訓練に励む少尉候補生たちのなかでも、暢生の長躯はよく目立っている。

 痩躯の類に入る体格は威風堂々、とは言い難いにしろ、その印象に脆弱さはなく、実にきびきびとよく動く。総員起しの直後から始まる甲板掃除から、訓練中のマスト登りに至るまで表情も変えずに黙々とこなす。そしてその成果は、他の候補生と比べても遜色はない。

 滅多に動かぬ秀麗な眉と、静かな光を湛える切れ長の双眸は、常に穏やかで冷たさは微塵も感じられない。しかも、万事控え目で、所作や声音もどちらかといえば、ひっそりとして優しげでさえある。

 そのように女性的なものを感じさせるにもかかわらず、クラスメートの中でまともに暢生と眼を合わせられる者は少ない。面差しにも体躯にも、未だ少年の名残を残す若者に過ぎないのだが、どこか達観したものを醸し出している、その異様さの所以であろう。

 それも背伸びをして取り繕っているのではなく、自然体であるだけに、意地の悪い上官などからは、軍人に適いていないとか、禅寺の坊主にでもなったほうが良かったのではないかとか、陰口を叩かれることも度々あった。

 航海訓練に臨むにあたり、暢生が乗組んだのは、巡洋艦比叡だった。

 候補生たちは幾つかの分隊に配置され、一糸乱れずに比叡を操ってゆくのである。五年も六年も先輩である中尉が分隊長となって、候補生の指導に当たる。各分隊に、候補生は四人か五人が配置され、暢生が配された第三分隊には他に、鷲頭春美、加藤康幸、纐纈智礼、有元誠志、が所属した。

 第三分隊の分隊長は那智源吾中尉であった。触れるだけで火花が散ると言われるほど、喧嘩早いことで有名らしい那智が、着任時に後甲板へ候補生たちを集めて、

 「本職只今より、第三分隊長に就任する。諸君の働きに大いに期待する」

 と大真面目にやったので、暢生たちは寒風吹きすさぶ艦上に立って更に身の引き締まる思いをした。だが、その日の夕食後に那智分隊長に呼ばれて、暢生たちが士官次室を訪ねてみると、あれが殆ど型どおりの、只の挨拶に過ぎなかったのを知った。あれはまったく、那智の茶目であったのだ。

 どこか型破りな第三分隊長の着任初日から数えて、ひと月が経とうとしていた。

 暢生たちが徐々に艦に慣れてきたころには、那智分隊長の口から威勢良く飛び出す江戸弁にも、目を白黒させなくなっていた。

 飄々とした身ごなしや気軽とも取れる挙措ばかりが目立って、その振る舞いだけを見れば那智はお調子者そのもので、いつ真面目に軍務を執っているのか、首を傾げたくなるような士官ではあった。

 艦上での雑務、短艇競技など艦に於ける技術全般にわたって、第三分隊は常に簡潔にこなしている。これだけを取っても、那智分隊長が如何にしてこの第三分隊を率いているか、また細心を払っているか、分かろうと言うものだ。

 それらは候補生である暢生たちが一番よく身に沁みている。にもかかわらず那智は、上官や他の分隊長から軽んじるような眼で見られているようであった。その空気を、暢生は敏感に嗅ぎ取っていた。 

 或る日、暢生は思い切って那智の私室を訪ねることに決めた。勿論、このことは同じ候補生の誰にも告げていない。それに加えていつもの、物静かな態度のまま過ごしているから、暢生がそのような不満を抱いていることに、気づくものは誰もいなかった。

web拍手 by FC2

| 千尋に届く波の音 | 22:50 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

すでに世話焼き

誰も頼んでもいないのに一言いいたいんですね~♪

| misia2009 | 2011/01/15 00:02 | URL |

全身此れアンテナ

みたいなところは、昔から変わってません。

越前福井のいい身分の家に生まれた坊ちゃんの、坊ちゃんらしい正義感、というところでしょうか。

まあ、それで色々と危なっかしい面もあったりするわけですが、そのへんは追々。

| 緒方 順 | 2011/01/15 15:34 | URL |

初めまして、お邪魔します。
帝国海軍に興味があって、ブログ村から来ました。
まだ読み始めたばかりですが、凄く先が気になるお話で楽しみです!
これからも立ち寄らせて下さい。
突然のコメント、失礼致しました。

| 滝川勝之 | 2012/04/02 17:44 | URL | ≫ EDIT

ご訪問ありがとうございます

滝川さま、いらっしゃいませ。

拙文を読みに来てくださり、誠にありがとうございます。

近年は更新が牛の歩みのような遅さになっておりますが、海軍や近代について勉強しつつ話を作っていますので、どうかご容赦のほど宜しくお願いします。

| 緒方 順 | 2012/04/04 17:41 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://landofrisingsun.blog66.fc2.com/tb.php/305-faef05e2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。