大日本帝國軍の愛と友情の日々

逓信省の検閲済でありますが、男色趣味満載ですので、苦手な方は華麗なターンでご退却下さい!所謂BL小説サイトです。右側に注意書きがございます。必ずご一読ください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


web拍手 by FC2

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

  綿津見の波の色は・第佰壱話

月曜日の朝を迎えたが、これほど憂鬱な目覚めはなかった。鷲頭は珍しく床のなかで物憂げに寝返りをうち、寒いと言って起きるのをぐずるこどものように、上掛けのふとんへ顔を埋めた。

ほんの僅か嵩利の匂いが鼻腔を擽って、きゅっと胸が軋む。鷲頭はまだ、嵩利が今日から赤煉瓦へ異動になっていることを知らない。今朝早く、始発に乗って横須賀で待つ香取へ帰ったと思っている。

荒々しい息をひとつ吐いたあと、井戸端で洗顔を済ませ、頗る仏頂面で軍服を着込むと、外套を纏ってさっさと自宅をあとにする。嵩利の居ない自宅などに、長居は無用と言いたげである。

いつものように庁舎の食堂で朝食をとる。スープにクロワッサン、果物という献立で、スプーンを取り上げたところで、新見がやってきた。

眼鏡の奥で眠たげな瞼をしばたたかせながら、ちょっと横を向いて掌で口許を隠しつつ欠伸をした。常に端然としている印象が強い新見にしては珍しい。目頭を指さきで揉みながら鷲頭の向かいへ腰を落ち着けた。

「おはよう、鷲頭くん。…なんですか、そんな穿った眼で見て。那智長官が、どうしても駅頭まで見送れと言って諾かないものですから、ちょっと新橋まで行って来たところですよ」

と言いながらも、ほんのりと目尻のあたりに艶めいたものが浮かんでいる。ひとのことを言えたものではないではないか、と鷲頭はむっつりとした表情で、クロワッサンを千切りながら心中で呟く。

「ああ、そうだ。秘書官の守本少佐ですがね、那智長官が副長候補として引き抜いて、香取へ連れて行きましたよ」

「何…?今がどれだけ大変な時期か、わかっている筈だのに何故そうした勝手をするのだ。いくら那智長官の頼みとはいえ、横暴が過ぎるぞ」

ぴくり、とこめかみのあたりが震えたのを認めて、新見はその怒りを宥めるように胸の前へ両掌を挙げて、鷲頭へ向けて翳した。

「きちんと後任の士官を選んでいますから、そう怒らないで下さい」

「…わかった。だが、相談もなしにというのは困る。次からは配慮してくれ」

先日の料亭の件がある手前、鷲頭も強く言えない。そのことを思い返して怒りを飲み込み、荒げかけた声を抑える。それ以上はもう互いに何も言わなかった。やがて新見の朝食も運ばれて、ふたりで穏やかな食事の時間を過ごし、それぞれの局がある階へ別れてゆく。

辞令や何かは遅れて届くことになるが、そんなことよりも肝心なのは着任する士官のほうだ。今日から軍務局へ来るのだろうが、引継ぎもしていないというのに、いきなり職務に就かせるわけにもゆくまい。

局長室へ入ってゆくと、続きの間になっている秘書官、副官執務室を覗いた。先週末まで秘書官の机のうえにある木箱に、未決済の書類が束に出来るほどあったのに、なくなっている。退く間際に片付けていったのだろうか。

まだ始業には早い時刻であるが、鷲頭は執務机の前に立って決、未決の判を用意し、決済せねばならない書類を仔細に確かめ、時には一筆加えながら選り分け始めた。

「―長、局長」

没入しすぎて、呼ばれていることに気がつかなかった。はっとして、慌てて振り向いた。脱いだ外套を左腕に掛けて、軍帽を手に携えた格好で、そこに嵩利が立っていた。

「きみが何故ここに居る」

「そういう辞令ですので。本来就いているべき職務へ戻れと、那智長官がこれを―」

「受け取ったのはいつだ」

「あの、実は…土曜日の朝です…。局長には内緒にしておけと、長官が仰られたので」

今朝、食堂のテーブルに差し向かいで座っていた新見の、何食わぬ細面を思い返し、鷲頭はまんまと引っ掛かったことに気づいた。してやったりという那智の悪戯っぽい表情が眼に浮かぶようだった。今頃、香取の長官室でほくそ笑んでいるに違いない。となれば、新見がこの件を知らない筈はないのだ。
→【13話】 →目次へ戻る


web拍手 by FC2

| 綿津見の波の色は・101―110話 | 21:40 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

NoTitle

甘酸っぱくてじれったくて、緒方さんの文章にはいつも腹いっぱいに詰め込んでもらっています。今回もごちそうさまでした!

最近、嵩利が鷲頭をひっぱるようになったような気がするのは、私の贔屓目でしょうか。いつの間に父と(軍務に関しては及ぶべくもないのでしょうが)方を並べられる精神力をつけたのでしょうか。どんどんたくましくなる嵩利。素敵。でも何より素敵なのは 秘 書 官 ってことですけれどね!(違)

 那智さんのいじわるもかわいらしくてにやにやしてしまいました。

| kanayano | 2010/10/06 22:43 | URL |

新見と那智にあてられて

ぶすくれる鷲頭局長がたまりませんwww
じっと座って読んでいられなくなって、私も茶のんできました…

「君がなぜここにいる」と発したときの表情を描写していないところがいいですねえ。想像力を激しく刺激されます~
那智司令長官の粋な流し目もたまりません!
とても楽しい回でした♪

それにしてもにぎやかな新橋の駅で別れた新見さんたちは…どこで最後の艶を味わったんだろう…
(想像の渦)

| misia2009 | 2010/10/07 09:52 | URL |

コメント返信です

甘酸っぱくてじれったいのも、実はそろそろ飽きられそうだなと、びくびくしつつ書いています。

男らしくなった嵩利無双を、どこかで展開したい今日この頃であります。

そんなに素敵ですか、秘書官。副官のほうが、軍人的には萌えると思うのはわたしだけかしら。

| 緒方 順 | 2010/10/08 01:23 | URL |

コメント返信です

那智と新見は、ふたりきりだともう、かなり大変なことになってますよ。たぶん。

いつもきちんとしていそうで、さりげない艶の名残を職場まで漂わせてくるあたり、新見ならではといいますか。とても鷲頭には真似できません。不貞腐れたのは、その僻みもあるかも。

居る筈のない嵩利が居た瞬間は、驚きすぎてかなり複雑な表情をしていたかもしれません。

隠れ家のひとつやふたつ、艶めいた待合みたいなのとか、しれっと借りていそうです。帝都はお江戸と呼ばれていたころから庭みたいなものですからね、那智にとっては。

| 緒方 順 | 2010/10/08 01:38 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://landofrisingsun.blog66.fc2.com/tb.php/246-94deaf34

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。