大日本帝國軍の愛と友情の日々

逓信省の検閲済でありますが、男色趣味満載ですので、苦手な方は華麗なターンでご退却下さい!所謂BL小説サイトです。右側に注意書きがございます。必ずご一読ください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


web拍手 by FC2

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

  綿津見の波の色は・第玖拾壱話

ひとりの将官が海軍とその周囲を脅かしたことについて、真相を知る者は数少なかったが、今やその企みは全て暴かれ、かれが生み出した闇はひとつの染みに過ぎず、光に祓われるようにして次第に追い詰められることとなった。

それは嵩利が第三艦隊の一員として英国を出発し、日本へ帰国するまでの間にも進行していたが、そのことについて嵩利は那智に訊くこともしなかった。

艦内での任務をこなしながら、夜に独りでゆっくりと思案する日々が続き、思考を整理することが出来、今回立たされた己の位置を顧みる。様々な人々の思惑に思いを巡らせる。そうしたあとも、嵩利の胸に何とも言えぬ蟠りがのこった。

第三艦隊は無事に横須賀へ帰港し、那智は嵩利を伴ってすぐに帝都へ向かった。軍令部を訪れ、英国での報告の為である。上陸休暇を兼ねてのことだったから、那智は余計な時間を掛けずに、滞りなく済ませてゆく。

「おっと、副官。橘田先任武官から、何か頼まれているんじゃァねぇのかい。今行ってきたらどうだィ」

海軍省を訪れ、軍務局のある階へあがると、那智は何か悪戯でも思いついたような顔で、嵩利を振り返る。香取を降りてから、副官がどこか頑なな表情でいるのに気づいていたが、面白がるように一瞥をくれただけで、訊かずに黙っていた。

「ええ、すぐに済みますから。…お待ち頂けますか」

「おゥ、構わねェよ。ゆっくりして来たらいい。じゃ、おらァ新見ンところィ、冷やかして来るかな」

しゃあしゃあと言ってのけ、軽い足取りで去ってゆく那智の粋な後ろ姿を、嵩利は暫し呆然と見送った。廊下にひとり残されて、軽い逡巡のあと、躊躇いがちに軍務局へ足を向けた。鷲頭に会うのが久しぶりだというのに、表情は暗い。

局長室の扉を敲くと、”どうぞ”と、耳に心地よい低い声がすぐに響いてくる。一度握った取っ手を離して軽く息を吐き、それまで揺れていた挙動と表情とを、取り繕う。

「失礼します。鷲頭局長、英国駐在の橘田先任武官から預かってきた封書です」

局長室に秘書官の守本は不在で、執務机についている鷲頭ひとりであったが、嵩利の姿を認めると、驚いた表情を隠さずに向けてくる。まじまじと見つめてくる視線を受け止めるも、すぐに逸らせた。

「わざわざ、届けに来たのか。いつ戻ったんだ」

「昨日の夕刻です」

「そうか」

鷲頭の態度は全く変わっていない。それが嬉しくもあり、苦しくもあり、嵩利は上品なつくりの黒檀の机へ、封書をそっと滑らせるようにして置き、慇懃に一礼をするなり、背を向ける。

「海軍大臣への報告が残っていますので、これで失礼します」

「上陸休暇はあるのか」

「ええ、五日ほど」

「そうか。…それなら、きちんと家へ帰ってきなさい」

軽く咳払いをして、珍しく言い澱む鷲頭の口ぶりは、この場におよそそぐわぬものであった。いま、この場に二人きりだからか、上官に対して背を向けたままでいる嵩利を、公務中だというのに咎めることもしない。

「はい、わかりました」

振り向きもせずに、静かに扉を閉めて出てゆく背を見つめて、鷲頭は軽くため息を漏らして、椅子の背に体を凭せ掛けた。今しがた閉じた扉へ嵩利はこつん、と額をあてて瞼を伏せる。今更ながらに、英国で纐纈の尻尾を掴めなかった事を恥じた。この身になにがあっても、一矢報いてくるべきだったと、胸が疼く。

海軍大臣への報告の為に再び那智に随って執務室を訪ねるも、殆ど上の空で、会談が終わるまで端正に侍しているのが精一杯であった。
→【3話】 →目次へ戻る

web拍手 by FC2

| 綿津見の波の色は・91―100話 | 11:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

にやにやにやにや

してしまいます……(*^▽^*)
「家へ帰ってきなさい」
二人きりなのに~~何してもいいのに~~相方は扉に「こっつんこ」してるし~~

しょぼくれた顔のまま戻ったのを見て、那智が「しょうがねェな」と密かに苦笑しただろう様子が、目に浮かびます……( ´∀`)

| misia2009 | 2010/09/28 23:08 | URL |

コメント返信です

なにしろ新居ですからねぇ。

家長として、伴侶として、鷲頭にぜひ言わせてみたかった台詞でして。

どこまでも不器用なふたりですが、これからも見守ってやって下さると嬉しいです♪

| 緒方 順 | 2010/09/29 23:09 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://landofrisingsun.blog66.fc2.com/tb.php/236-3fe968b9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。