大日本帝國軍の愛と友情の日々

逓信省の検閲済でありますが、男色趣味満載ですので、苦手な方は華麗なターンでご退却下さい!所謂BL小説サイトです。右側に注意書きがございます。必ずご一読ください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


web拍手 by FC2

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

  綿津見の波の色は・第捌拾壱話

 半月はあっという間に過ぎて、鷲頭と嵩利はふたたび陸と海へ別れた。

 第三艦隊旗艦香取、那智司令長官附という肩書で、艦上の海軍士官となって海へ出て行くが、横須賀軍港の桟橋には、それを見送る鷲頭の姿はなかった。一足違いで既に海軍省へ着任していたのだ。

 駆引きと策士の巣窟とか何とか、軍令部よりも参謀向きの連中がごまんといるとか、馬鹿馬鹿しいと半ば聞き流していた諸々を、実際目の当たりにして呆れたのが初日で、嵩利と滞りなく軍務をこなしていた、平穏で気持ちのよい日々を、鷲頭は早くも噛みしめずにいられなかった。

 駆逐艦くらいなら沈められるのではないかというほどの、雷の如き大喝を浴びせかけて、取り入ろうと現れた某大佐を執務室から退散させたあとは、碌な用事でもないのに訪ねてくる士官を、只のひと睨みで追い返していった。

 秘書官は前任に引き続き守本少佐だったから、自身が扱う軍務については何の心配もしていないが、問題は外野である。毎日このような状況に置かれては、堪ったものではない。

 初登庁を終える頃、ひょっこり藤原と城内がやってきた。このような一日だっただけに、鷲頭はふたりの御大がみせる温顔を、有り難く拝みたいような気持ちだった。

 「まあまあ、そんな顔をしないで。後で幾らでも聴くヨ。良いところに連れて行ってあげるから、一緒にお出で」

 相当情けない顔をしているのだろうか、鷲頭は眉間に千尋の谷を拵えながら、ふたりに導かれるまま、門外に停まっている車に乗り込んだ。

 車は青山へと着き、見覚えのある藤原の邸宅がすぐ近くに見える。降り立ったそこには、真新しい静粛とした日本家屋が建っており、白壁の間に構えられた門柱に、表札はない。その代わりに家紋が門扉につけられている。

 「―いつまでも煮え切らない様子でいるから、勝手に進めてしまったよ。家族を持って、主として構える家を持たないというのは、褒められることではない。きみは全く無頓着だよ」

 「は、それは面目次第もありません」

 それに関しては反論の余地がなく、藤原の前で鷲頭は初々しい少尉の頃と違わず、頭を垂れて畏まった。

 「最初に打診したときに返事が芳しくなかったから、仕方ないとは思っていたヨ。鷲頭くんは、根っからの艦乗りだからねェ。そうそう、あちこちにあるきみの隠れ家だが、もう必要ないンだから、家財蔵書の類は全部ここに引き揚げたからネ」

 と、珍しく城内がとりなした。

 音頭を執ったのは藤原のようで、鷲頭が海軍士官になりたての頃から見てきているだけに、建築から庭つくりの趣向に至るまで非の打ち所がない。一歩門を潜ってすぐに、土に水が染む如き感覚が心身に渡ってゆくのを感じた。まるで長年住んでいたかのように、しっくりとしている。

 「うむ…気に入って貰えたようだな」

 「ありがとうございます」

 城内を経由して住居については幾度か、それとなくつっ突かれていたのだが、のらくらとかわしていた。それというのも、嵩利の生家が片瀬にあるわけで、鷲頭は今まで通り官舎と艦とが公然の家で、私的にほんの時折、嵩利の生家へ、言葉通り甘えさせて貰いにゆくつもりでいたからだ。 そういった居場所があるのだという認識が生まれただけで、鷲頭にとっては充分だったのだが、やはりそういう訳にはいかないらしい。

 「ご子息には、家を構えるについて話は…、その顔つきでは、しておらんようだな」

 「…すぐに便りを出します」

 「ちょっと鷲頭くん、それはさすがに無頓着が過ぎるヨ。ご子息、もっと大事にしているかと思っていたのに」

 滅多に動じない城内が、呆れ顔をみせて、ふと口を尖らせた。

 「余り杜撰なことばかりしていると、本当にぼくが貰っちゃうからネ」

 幾分、本気で立腹しているらしい。藤原からも睨まれて、鷲頭は恐縮する外なかった。
→【32話】 →目次へ戻る

web拍手 by FC2

| 綿津見の波の色は・81―90話 | 20:54 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

NoTitle

城内さんや藤原さんもいい人だなあ(^^)
愛の巣・・・もといご自宅を購入されたのですね!しかも青山(衝撃)

階段をのぼりながら「抱きしめてくれ」という軍務局長のお姿に興奮冷めやらぬまま、二人のしばしの別れを惜しんでおります。

| kanayano | 2010/09/16 10:51 | URL |

藤原は親がわり

身寄りのない鷲頭の後見、という感じで海軍に落ち着くまでずっと面倒をみていてくれた、という設定です。

軍務に関してはどこまでもストイックに行かせようと思っていましたが、生涯のうち二度枉げたのは、他ならぬ嵩利のためということで。信念破っちゃったついでに、甘えちゃえよ、ということで嵩利にぎゅってしてもらった次第です。

ちなみに、あの青山の家で、ふたりが穏やかにすごせるかどうかは、まだ定かではありません。

| 緒方 順 | 2010/09/18 18:32 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://landofrisingsun.blog66.fc2.com/tb.php/218-a0175655

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。