大日本帝國軍の愛と友情の日々

逓信省の検閲済でありますが、男色趣味満載ですので、苦手な方は華麗なターンでご退却下さい!所謂BL小説サイトです。右側に注意書きがございます。必ずご一読ください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


web拍手 by FC2

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

或いは終わりと始まり・第零話(作品紹介)

杉家の養嗣子として、惟之の傍に身を置くことになった和胤。

しかし惟之には、ある考えがあり、参謀総長の激務の合間に頭を悩ませる日々が続いた。

五年前の冬、杉家には惟之の姪である千代がいた。あの頃は歳に似合わず確りしたこどもであったが、明治四十三年のいま、かの女は花が零れるような乙女に成長していた。

和胤を、ほんのりと初恋のひとときめていた千代の、本心を知った惟之は、人生のなかで大一番の悪戯に打って出る。

web拍手 by FC2

| 作品紹介・あらすじ | 00:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://landofrisingsun.blog66.fc2.com/tb.php/208-c0fa7dc0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。