大日本帝國軍の愛と友情の日々

逓信省の検閲済でありますが、男色趣味満載ですので、苦手な方は華麗なターンでご退却下さい!所謂BL小説サイトです。右側に注意書きがございます。必ずご一読ください

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


web拍手 by FC2

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

変わらぬ青空のしたで・第零話(作品紹介)

日露戦争、極寒の満州で戦った日本陸軍。
その作戦を支えた参謀たちの中に、杉惟之の名があることを、今はもう知るものは少ない。

あの時代、惟之は確かに生きていた。

豪放磊落で知られた、悪戯好きの陸軍少将。精力的な惟之の務めに副官に就く者は到底ついてゆけない。毎度のように替わる副官。陸軍少佐、山口和胤がやってきたのも、そのような日常の一端でしかなかった。

活き活きとした印象の新任の副官を、惟之は半ば試すかのように振り回す。だが和胤は恐ろしく面倒見のよい男だった。こどものように振舞う惟之を、その挙措ごと、包み込んでしまう。それほどの器の持ち主であった。

我儘そのものを貫く惟之には、誰にも見せたことのない顔があった。それを知った和胤は、惟之をどこまでも支えてゆこうと心に誓うのだった。

web拍手 by FC2

| 作品紹介・あらすじ | 22:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://landofrisingsun.blog66.fc2.com/tb.php/207-2df521e5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。