大日本帝國軍の愛と友情の日々

逓信省の検閲済でありますが、男色趣味満載ですので、苦手な方は華麗なターンでご退却下さい!所謂BL小説サイトです。右側に注意書きがございます。必ずご一読ください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


web拍手 by FC2

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

  綿津見の波の色は・第漆拾壱話

 探るような鷲頭の視線に気づいた。放っておいたら間違いなく今夜も、遠慮せずに嵩利を貪り尽くしそうな、そんな獰猛な色が見え隠れしている。

 「春美さん、今夜はさすがに、官邸へお戻りにならないと…その、明日は鎮守府へ出仕ですし」

 こういうとき、鷲頭の手綱を握る手段は心得ている。案の定、嵩利の言葉に、ぐっと眉を顰める。確かに、二日も外泊するわけにはゆかない。官邸住まいの身であるのを、この時ばかりは恨めしくおもう。

 「そうだな。ああ、昼間は明日に話を聞かせてくれと言ったが、辞令の発効は七日後だ。鎮守府へは出仕せず、明日はここで休んでい給え」

 「そうさせて頂きます。では、お話したいことは、論文に纏めておきますので」

 「無理をせずともよい」

 「はい」

 「…まだ痛むか?」

 「あれだけの事をしておいて、たった半日で治ると思いますか?あなたに愛されて、それは何よりも嬉しいですけど…、度が過ぎますよ」

 頬を膨らませて半ば呆れつつ、対面している鷲頭を見つめて言う。海軍では謹厳実直できこえているというのに、そこから切り取られた、嵩利とだけ居る、こういった時と場所に於いては、別人そのものである。叱られて、ばつの悪そうな表情を浮かべ、鷲頭は嵩利へ顔を向けた。

 「いくら何でも朝までなんて、酷すぎます。これから、また配属が変わって、半年どころか、海へ出ればもっと長い間、離れることも有り得るんですよ?どちらかが上陸する度に、あんなことをしていては、春美さんは兎も角、ぼくは身が持ちません」

 まったく、正論である。

 「すまん」

 眼前で、さッ、と潔くあたまをさげる仕草が、鷲頭に似合わず、朴訥ささえ漂っていて、どこか微笑ましい。本当はもっと懇々と、叱言を発するつもりであった嵩利の唇が、ふわりと緩む。

 「もう…、仕方がないですね…」

 嵩利の包みこむような大らかな笑顔を、鷲頭はまともに見られなかった。この愛情と温かさと優しさがあるが故に、どこまでもかれに甘えきっている。嵩利は、鷲頭を心の奥底から支えてくれている存在なのだと、今更ながらに実感する。

 何者にも代えがたく、誰にも触れさせたくない。この腕にずっと閉じ込めておくことが出来れば、どんなによいか―。刹那、衝きあげるような想いがこみあげ、ただほんの僅か、眉を寄せてそれを抑える。

 家を辞する前に、ふたりはやわらかく唇を重ね、それを挨拶がわりにして、鷲頭は官邸へ帰っていった。


 翌朝、普段より早い時刻に登庁する。

 昨夜はなかなか寝つけず、心に渦巻く熱情がまるで治まっていないのには、我ながら呆れてしまった。

 ゆったりと、いつもの時間に鎮守府へ現れた城内へ、手続きの完了した辞令を持ってゆく。城内は、ちらッ、と鷲頭の顔をみて、

 「やあ、お早う。一昨日と違って、随分こざっぱりした顔をしているネ、鷲頭くん」

 などと、始業時間前をいいことに、歯に衣を着せずに言って、あからさまに楽しむような表情でいる。それ以上は、言わない。下品に藪蛇を突くような無粋は嫌いである。

 それについては図星だけに、いつものように、ぎろり、と睨みつけて黙らせることはできなかった。極力、狼狽をみせないよう、難しい表情を保つので精一杯だった。

 「ところで、ご子息は今日、ここへは顔を見せに来てくれないの?」

 「辞令の発効は六日後です。荷も届いたばかりですし、今日はまず無理でしょう」

 「ふゥん、それは残念だネ」

 そう述べた理由を全く信じてはいないが、あの紅顔の美少年然とした、寵児の貌を見られぬというのは、誠に残念である。それだけは確かに、城内の声にこもっていた。

 それに、存外初心な鷲頭を、こうして透かし見られる機会は滅多にない。何か、宝物をみつけたこどものような気分になる。その意外さは鷲頭に限らず、友人たちの誰にでもある。そういったものを、密かに発見した喜びを楽しむのが、城内の妙な性癖でもある。

 実質、鷲頭と嵩利へ、おぞましい魔手が伸び切る前に救ったのは、城内の働きに依ること大なのだが、そんなことは一切言わない。ただその駄賃代わりに、少しばかり鷲頭の羞恥を煽ってやり、隠されたものを引き出して楽しむ。それで充分だった。
→【22話】 →目次へ戻る

web拍手 by FC2

| 綿津見の波の色は・71―80話 | 04:10 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

はじめまして!

緒方さんはじめまして。
「帝国陸軍」の文字にひかれてお邪魔しました!
なかなか無いジャンルですが、私は大好きです!
鷲頭さんとてもかっこいいです!
次回を楽しみにしています。

| kanayano | 2010/08/18 19:00 | URL |

ご訪問ありがとうございます

帝國陸海軍のBL(ML?)ものって、読みたくてもなかったので、じぶんで書いてみた次第です。

ほぼ自己満足の駄文ですが、またお越し頂ければ幸いです。

| 緒方 順 | 2010/08/19 21:28 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://landofrisingsun.blog66.fc2.com/tb.php/205-15ca244c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。