大日本帝國軍の愛と友情の日々

逓信省の検閲済でありますが、男色趣味満載ですので、苦手な方は華麗なターンでご退却下さい!所謂BL小説サイトです。右側に注意書きがございます。必ずご一読ください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


web拍手 by FC2

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

  綿津見の波の色は・第陸拾壱話

 嵩利が横須賀鎮守府を訪れたことなど、露ほども知らず、鷲頭は参謀長執務室に居て、終業の時刻になると城内のもとへ顔を出した。

 「ああ、何だか先刻、きみのご令息がこれを届けに来てくれたようだけど、ぼくたちの所へまでは、挨拶に来てくれなかったようだネ」

 妙なこともあるものだ、と言いたげな顔つきで城内は一冊の封書を掲げてみせる。それは軍務局長からのものであったが、わざわざ先任副官が直に届けにくるような代物では、到底無かったからである。

 今の城内の言葉だけで、鷲頭の胸は激しく躍っていた。それでも、外見だけは冷静に装って、言葉を紡ぐ。

 「他にも、何か命令を帯びていて、そのついでだったのではありませんか」

 「いや、それは無いよ。あれば一寸くらい、きみか、ぼくン所へ顔を出すでしょ。おかしいねえ」

 鷲頭は、いまの嵩利の上官である、有元のことは良く知っていた。何に於いても切れ者であり、明敏、活断の士といった性格で、組織を率いてゆくのに相応しい。

 そんな有元が、ただの使いに先任副官を寄越すはずがない。

 確かにおかしい、と鷲頭も首を捻らずにはいられない。庁舎に連絡を残していないのなら、官邸のほうへ訪ねるか何かしているのではないか。そう考えると、逢いたさ募って確かめずに居れず、直ぐに鎮守府を辞して帰宅の路を急いだ。

 嵩利に逢えるのならば、逢いたいとおもっている。かれの急な異動が決まって―その理由も知っていたが―、三笠からの帰還を出迎えてやれると、密かに喜んでいたのが虚しくなって以降、ひと目も顔を見ていないのだ。

 そして官邸へ帰ってみれば、やはりここへ訪ねてきた旨を、ふたりの婦人から伝えられる。状況を聞いてみれば、嵩利はどうやら休暇であるらしいことがわかり、鷲頭は内心で悔しがった。

 「―鷲頭くん、今から追いかければまだ捕まるンじゃないの?もう、あの件はあらかた片付いたし、書面に纏めるのは、何も今日でなくていいんだからネ」

 と、暫くして城内から電話が掛かってきて、それで今日から明日にかけての用事が立ち消えになる。鷲頭は軍服のまま、すぐに官邸を出て行った。外に出たはいいが、嵩利が何処へ行ったのかなどわからない。この半日と明日しかない休暇なのだし、帝都へ戻っている可能性が高いだろう。

 それでも間に合えばと、駅へ出向く。無駄足になっても、そのあと一通り、海軍士官が訪れそうな場所へも行ってみる。歩き回って、一休みにと水交社を訪れたころには、午後三時をまわっていた。


 ―あの日、海軍の中にある“腐った膿”をひっそりと暴き出して葬る前に、城内は鷲頭にことの事実を語った。もっとも、城内流のやりかたであるから、本当は見るのも聞くのも耐えぬ程の、おぞましいスキャンダルだったわけだが、それを悟られぬよう、巧く伝えたのである。

 とにかく、鷲頭はその事実から、何よりも愛している嵩利が、敵視されていた者たちからつけ狙われていたことを知り、だからいま、余計に逢いたいという気持ちがこみあげているのだ。

 何故こうも、すれ違ってしまうのか―

 浅田や新見、守本たちの手によって嵩利が護られているとわかり、横須賀に居ても安堵はしていたが、やはりこの手で確りと、一度だけでもいいから抱きしめてやりたかった。

 嵩利は勿論、この騒動のことなど一切、何も知らされていない。何か、不穏な気配くらいは感じたかもしれないが、それだけの筈である。

 三笠の艦上で、最後の手紙を落手して以降、鷲頭から音沙汰がないことも、嵩利のことであるから黙って飲み込んで、我慢している。それは、異動になってからも、一切連絡を寄越さないことからもわかる。従容として状況を受け入れ、今日のような日が来るのを、ただ待ち続けながら軍務に励んでいたにちがいない。

 鷲頭はどうしても嵩利の片鱗に触れたくなって、横須賀の街へ戻り、あの小ぢんまりとした洋風の家へ、足を向けた。今まで手許に届いた、かれからの手紙は、あそこへ大事にしまってあるのだ。
→【12話】 →目次へ戻る

web拍手 by FC2

| 綿津見の波の色は・61―70話 | 00:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://landofrisingsun.blog66.fc2.com/tb.php/193-339c39be

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。