大日本帝國軍の愛と友情の日々

逓信省の検閲済でありますが、男色趣味満載ですので、苦手な方は華麗なターンでご退却下さい!所謂BL小説サイトです。右側に注意書きがございます。必ずご一読ください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


web拍手 by FC2

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

  綿津見の波の色は・第伍拾壱話

 養子縁組の手続きが無事に済み、海軍省から正式に通達が届いたのは、休暇があけた初秋で、鷲頭も嵩利も、相変わらず三笠の艦上にいた。

 第一艦隊はいわば海上の楽園―適切ではないが―で、誰もが“これぞ船乗り”を満喫しつつ、切磋琢磨にも余念がなかった。錬度は他の比ではないほど高く、優秀な人材が着実に育ってゆくのを、司令長官を始めとする幕僚全員が実感している。


 およそ浮世とは隔絶された“楽園”から、遠くはなれた帝都。霞ヶ関に在る軍令部の一室に、ひとりの士官がいた。

 僅かに翳りのある、生真面目そのもの、といった面持ちをしている。神経質そうな、独特の緊張感を漂わせているが、まなざしは時折、どこか虚ろに彷徨っている。自身が、危うい均衡のうえに存在していることを、自覚していた。

 軍令部参謀、山科忠之中佐は、いま届いた手紙へ目を通していた。便箋を掌中で握りしめて、机へ両手をつくも、わなわなと震えている。

 ―あのひとが、鷲頭さんが…。

 かつてかれと共有した清涼なひとときが、刹那脳裏に浮かぶ。この心身が汚され蝕まれたとき、とうに捨てたはずの思い出。それはしかし、山科の心から消えていなかった。戸惑うと同時に、苛立ちを覚える。

 「くそッ」

 便箋には、鷲頭が養嗣子を迎えたことを報せる旨と、その“掌中の珠”を密かに探れということが記されてあった。

 ―いまも、鷲頭さんはあのままでいるに違いない。変わらないはず…。厳しくて温かいあのひとが、一体、傍に誰を置いたのだろう―

 それは、山科がかつて仄かに夢にみて、いまや二度と仰ぎ見ることのできぬ、清廉な場所だった。否応なしに、胸は切なく圧される。

 手紙を寄越したのは、横須賀鎮守府参謀長、海軍少将纐纈智礼であった。かれの妹は、ある宮家に嫁いでいる。それほどの家柄で、秀でた人物を輩出しているにもかかわらず、纐纈智礼という男は、まるで違っていた。

 眉目秀麗、その振る舞い、身につけた教養は間違いなく本物である。紳士そのものの殻を纏って、周囲には裏の顔を見せたことはないが、纐纈の性質は傲慢そのもので、欲望が絡むと、そのうえに残忍さが加わる。自身の地位と欲望が満たされさえすれば、他のことなどどうでもよく、自堕落で退廃を好む男であった。

 纐纈ははじめ、これは、という人物を髣髴とさせるような紳士として、山科の目にうつった。

 裏の顔をみせはじめたのは、山科が密かに男色を好むと知ってからであったが、纐纈がそこに求めるのは快楽と歪んだ悦びのみで、およそ、あたたかなものは感じられなかった。

 かれの性質を知るにつけ、鷲頭と過ごした一夜をおもい、当然、山科はその関係に困惑した。故に、強く迫られても首を縦に振らなかった。

 なかなか手中に落ちないのを、纐纈が黙って引き下がる筈はなく、その本性を剥き出しにする。山科を手篭め同然にして篭絡し、犯すようにしながら、鷲頭との関係を無理に吐かせ、かれの心を支えていたものまで、踏みにじった。

 手に入れた山科を夜毎責め苛みながら、纐纈は心中で鷲頭へ強烈な嫉妬を募らせていた。山科がみせた鷲頭に対する想い、一途さ。それらを貶めることによってなお、濃さを増す妬み。

 堕落した行為に耽ろうとも、そこには愛情など欠片もない。纐纈にとっては道具に過ぎず、そうと判っていても、山科には為すすべもない。

 徐々に毒され、浅ましく変貌した肉体は淫欲を余さず飲み込み、応える。長く与えられてきた媚薬―おそらく麻薬を含んだ―に一度酔えば、山科は“忠実な道具”へと忽ち変貌する。

 手紙を受け取った夜、纐纈から呼び出され、帝都の別邸へ足を向けた。山科の隣には秘書官の真嶋中尉がいる。流麗な外見を裏切らぬ、優れた人材だが、纐纈と山科によって作りあげられた第二の“道具”でもあった。

 最初は倒錯した快楽を得るためだったが、いまは纐纈の趣味に利用されている。権力を欲する者、欲望を満たしたいという者に真嶋をあてがうのだ。纐纈と山科とで、たっぷりと仕込んだ真嶋の肉体は、ある種の芸術品と言ってもよいだろう。

 かれらが真嶋との関係に堕ち、溺れてゆく様を見て、纐纈は唇の端を歪めて嘲笑う。

 勿論、纐纈ほどの家柄の者と交際があるだけに、堕ちてゆくかれらは、それなりの名士として世に知られた人物ばかりである。けして表には出せぬ、暗闇で蠢く醜い欲望を引きずり出させる。纐纈は二人を利用し、権力者の尻尾を握ることに快感を得ていた。

 飽くなき欲望と凶暴なまでの憎悪が、帝都にひっそりと息づいていることなど、誰ひとりとして知る者はなかったが、じつに幸いなことに、この時点で、“楽園”にいる鷲頭と嵩利が、その元凶に狙われはじめていることを、うっすらと察知できた人物がいた。

 呉鎮守府司令長官の城内と、同参謀長の加藤である。
→【2話】 →目次へ戻る

web拍手 by FC2

| 綿津見の波の色は・51―60話 | 17:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://landofrisingsun.blog66.fc2.com/tb.php/182-788efae4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。