大日本帝國軍の愛と友情の日々

逓信省の検閲済でありますが、男色趣味満載ですので、苦手な方は華麗なターンでご退却下さい!所謂BL小説サイトです。右側に注意書きがございます。必ずご一読ください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


web拍手 by FC2

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

  綿津見の波の色は・第肆拾捌話

 酒宴は夜更けまえに終わり、腰越の親戚一同が千早家を辞して、また静けさが戻ってきたのだが、床へつく時刻になって部屋へ入っても、嵩利は眠れずにいた。そっと起きだして、廊下へ出ると、母の部屋にまだ灯りがついている。

 「母上、もうお休みになられますか」

 障子越しに声をかけると、遠慮しないでお入りなさい、と返ってくる。そっと中へ入って見れば、母は嵩利の着てきた軍服へ火熨斗を掛けていた。洋装に袖を通したこともないのに、綺麗に扱っている。小机のうえには、鷲頭の軍服が既に仕上がって、畳んで置いてある。

 「あなたを鷲頭さんの養子に出したいって、お父様が仰ってましたよ。珍しく昔話をしてねえ」

 「そんな話をしていたのですか」

 「そうですよ。ほんとうにねえ、鷲頭さんのような立派な方の目に留まって」

 多分、嵩利が従兄と外へ出ている間のことだろう。しかも鷲頭は、父の話を拒まなかったという。母は火熨斗を脇へ置いて、顔をあげる。傍に端座して驚いた顔をしている息子へ微笑みかけ、

 「あなたさえよければ、お話を進めてもいいのですよ」

 そう言って、鷲頭が言葉すくなに語ったことを思い出しでもしたのか、目を閉じて深く息をついた。母は、そうしながら、軍服の上着を畳んで小机へ置く。

 海軍軍人がこの末っ子の天職であること、何よりひたむきに純粋に生きている嵩利を、鷲頭が愛していること、そういったものを、例の小倉の件と今回の帰省とで、目の当たりにし、両親は実感していた。

 ―翌朝。

 生家の庭先へ見送りに出てきてくれた両親へ、凛々しい海軍少佐の身形で、嵩利は正しく挙手の礼をしてみせた。手をおろしたあと、いつものように笑顔をみせてから、庭先で待つ鷲頭と共に、艦への帰路についた。

 前に言ったとおり、横須賀へ着くと、賑わう通りから離れたところへソッと足を踏み入れる。そこにはやはり、鷲頭好みの質素な目立たぬ洋風の家があり、中に入ると小奇麗に整っていた。

 一日繰り上げて水いらずの時を得たというのに、鷲頭は黙りこくっている。気まずい沈黙というわけではなく、静けさに包まれて沈思しているといったもので、籐の椅子によったまま、小さな庭の草花を眺めている。

 嵩利はそんな鷲頭の横顔を見つつ、部屋の隅にある本棚へ行って調べると、やはりここには何度か訪れているらしく、磐手の艦長室でいつも読んでいたような本ばかりが並んでいる。各地の港へゆくと、かならずと言っていいほどこういった家があった意味を、漸く悟る。

 記紀に万葉集、李白の詩から始まって、儒教の四書、仏教に関する本まで揃っているが、およそ軍事と名のつくようなものは一切ない。嵩利が傍に居るようになるまで、鷲頭はひとり静かにここで何を思って過ごしていたのだろうか。

 およそ自身のことは、訊かれない限り語らない。それも口は重くて聞きだせることは恐ろしく少ない。千早家でのやりとりでそれを目の当たりにして、嵩利は鷲頭のことを何ひとつ知らずにいたのだと、痛感した。

 「春美さん」

 うしろから近寄り、椅子に凭れる広い肩へ腕を回しかけて抱きつく。すこし尖った耳のふちへ唇を寄せて、啄ばむように食んで、切なく甘えるような声で囁く。

 「何だ」

 と、嵩利の顔も見ずに、ぶっきらぼうな口調で言う。嵩利がややもすれば、甘ったるい仕草で絡もうとするのを、腕を掴みとって阻止する。いつもの照れ隠しか、気羞かしさからなのか。

 「ぼくを養子に貰って欲しい、と父から持ちかけられたのは、本当ですか?」

 「うむ…」

 声を改めて、問うてみると、鷲頭は少し困ったような顔で頷いた。ぼくは一向に構いません、むしろそうして頂きたいのですが、と嵩利が言うと、ウーン、と唸って天井を仰ぎ、ますます眉間を嶮しくする。快刀乱麻を断つ、といった剃刀で知られた鷲頭が、こんな風に頭を悩ませている図は、そうそう見られるものではない。
→【10話】 →目次へ戻る

web拍手 by FC2

| 綿津見の波の色は・41―50話 | 19:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://landofrisingsun.blog66.fc2.com/tb.php/179-5e3b6272

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。