大日本帝國軍の愛と友情の日々

逓信省の検閲済でありますが、男色趣味満載ですので、苦手な方は華麗なターンでご退却下さい!所謂BL小説サイトです。右側に注意書きがございます。必ずご一読ください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


web拍手 by FC2

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

  綿津見の波の色は・第拾漆話

 なるほど、もうすぐ祭だったのか、と改めてみれば、漁港の中にもそれらしき、注連縄で囲った一角が設けられていて、神酒の樽やお供え物が置かれているのを、そちこちで見受ける。

 どれほど壮麗なものなのか、筆舌に尽くしがたいらしく、副官へどんな様子で催行されるのか訊いても、内緒です、の一点張りで教えてくれない。

 「そりゃもう、あとは見てのお楽しみですよ」

 困ったような嬉しいような顔をして、やきもきする―特に加藤―上官を宥めて、翌日以降は少しの時間しか、この別荘へ訪ねてこなくなった。きっと祭の準備に追われているに違いない。

 いくらもしないうちに、祭の初日となり、江ノ島に生まれ育った連中は、早朝から禊をし、凛々しい捩り鉢巻に、白晒しの六尺を引き締まった褐色の肌へ、小粋に締めこんでいる。揃いに揃った、海の荒くれ者と一緒になって、嵩利も八坂神社へ向かった。

 結局、鷲頭は江ノ島には行かず、出御祭の日も、早朝の散歩がてら、小動の岬からその方をじっと見つめただけだった。

 「今日を過ぎたら、八坂神社の神輿は、最終日にならんと来ないそうだぞ。行ってやったらどうなんだ」

 この祭はさすがに、他所者であるふたりは首をつっこめない。見物はできるが、この湘南の地元漁師たちの手で厳粛かつ盛大に催行される。

 「いいんだ」

 それだけ言って、毎日欠かさず街へおりてゆく。埋め尽くす人と山車とに、この一帯の空気は活力に満たされていて、どの人も一様に笑顔と、気持ちのいい緊張を感じている、一種の清々しささえあった。

 きっと副官も、江ノ島で同じような面持ちをして、祭事に打ち込んでいることだろう。鷲頭が居てはかれの気を散らせるかもしれないし、そもそも祭というのは、地元を護る氏神との対話をする、大切な時間なのだ。

 かれら自身が男神さながらという、江ノ島の荒くれ者たちが神輿を担いでやってくるのは、龍口寺の前らしい。そこで小動の女神を乗せた神輿が待っている、という流れとなる。

 「男神というが、千早くんはさながら、女神だよなあ」

 「こら、加藤」

 「建速須佐之男命は、あれ詠んだんだろう。―八雲立つ―、お前詠んでやったらどうだ、妻籠みに―って」

 副官の父から差し入れられた丹沢の酒は、まだふた瓶残っており、加藤は今晩ももれなく酔って、鷲頭へ絡んでくる。

 「馬鹿者、そんな譬えがあるか」

 「記紀には、微妙な艶かしいはなしだって、あるんだぜ?しかも、その神々はあちこちで分かれて、皆、どこそこの豪族や、氏の始祖になってるんだ。別にいいじゃねえか」

 確かに、実に馴染み深い神々ばかりが、住まわっているとおもうが…。

 「な、祭なんだから、かたいことは言うなよ」

 およそ、天照大御神をその祀神にいただく、伊勢神宮の杜を誇っている、伊勢の出の者が言うことばではない。

 「―ここはいいなあ、何もかも、一体になっている感じがして。あのご住職と話をしておもったが、神だ仏だと分けたからって、何が変わるわけじゃねえのにな。つくづく馬鹿なことをしたもんだ」

 と、そこまで言ってくちを噤む。まともなことを口走ったということは、思ったより酔っていない証拠である。

 「過ごさんうちにやめておけ。明日は本祭なんじゃけぇ、朝起きんかったら、ほうたっちょくぞ」

 これは本当にそうするつもりでいた。副官の凛々しい担ぎ手すがたを、みすみす見逃すのは余りに勿体ない。それに、かれの親戚である腰越の漁師たちが、“タカちぃの晴れ姿”を一等いい場所で見られるように、陣取ってくれている。

 「そいつは酷いはなしだが、しかたないな」

 本当にしぶしぶ杯を置いて、奥の部屋へ寝に行った。鷲頭も別室へ行って床へつき、夢にたゆたう前に、明日のことへ暫しおもいを馳せた。


 千早家では、夕飯がすんだあと、嵩利がなかなか眠りそうにないのを、父は心配になって声をかけた。

 「タカや、もう休んだらどうなんだね。明日は本祭だろう、小動へきちんとお送りするんだよ」

 「―うン」

 どことなく、生返事を寄越す息子のあたまを、隣へ腰をおろしつつ撫でてやる。すっかり祭の支度は整っているし、何も心配することはないはずだ。

 「どうしたね」

 「こどもの頃からそうでしたけど、宵宮がおわると、もう寂しくなってくるんです。明日で終わり…。どうにもこの切なさは不思議でなりません」

 「そうだねえ、あの高揚が…ふッ、と消える感覚は、夢からさめるのに似て、寂しくなるのは確かだ」

 それでも明日があるよ、明日が、ちゃァんと眠らなきゃいかん。父はそう言って、珍しく嵩利を寝床へせっついた。煙管で脇腹を突っつかれ、くすぐったがって笑いながら、部屋へ引っ込んだ。

 「父上、お休みなさい」

 「うむ、お休み」

 さっきまで切なかったのが嘘のように晴れて、嵩利は童心にかえったように、気持ちが底の方からわくわくしてくるのを感じていた。
→【10話】 →目次へ戻る

web拍手 by FC2

| 綿津見の波の色は・11―20話 | 00:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://landofrisingsun.blog66.fc2.com/tb.php/131-6db09be8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。