大日本帝國軍の愛と友情の日々

逓信省の検閲済でありますが、男色趣味満載ですので、苦手な方は華麗なターンでご退却下さい!所謂BL小説サイトです。右側に注意書きがございます。必ずご一読ください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


web拍手 by FC2

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

  綿津見の波の色は・第拾伍話

 ―まだ晩酌しているのかナ

 釣竿を握りながら、嵩利は暗い海のうえから、彼方の陸―丘にある加藤の別荘の方角へ、ときおり首をかたむける。暗い夜に沈んでいる丘にはいくつか、灯りが瞬いている。

 江ノ島と腰越に伝わる、“御神渡り”の伝承を、船歌のようにして従兄と叔父とでうたいつつ、撒き餌を海面へ投げる。ぱあっと海蛍が光って散り、その瞬間はなんとも言えず、幻想的ですらある。

 「タカちぃ、まァた掛かったじゃんー。何杯よ」

 「ンー、たぶん六杯」

 「ちぇー、おれより釣ってやンの」

 「えへへ」

 無邪気に笑う従弟は、とてもではないが、優秀栄えある帝國海軍の将校にはみえない。腰越の親類にとって嵩利は、いつまでも“タカちぃ”なのだ。

 「あと半刻で夜が明けッから、港に帰ェんべ」

 『はあい』

 釣果を積んで“凱旋”すると、もう海の女たちは港の寄合い所で火を熾して待っていた。

 「風呂沸いてるから、早く入っといで」

 と、男衆は急きたてられて、大きな浴場へ浸かりにゆく。木戸を開け放すと、岩場のかげから江ノ島がみえた。

 「今日は朝靄がかかってねえな、からッとするかもしれんが、夕立ちが来るんじゃねえか」

 叔父が独りごちるように、天候を読んだ。さっぱりして出てくると、もうすっかり陽が昇っている。“おカミさん”たちの手で、釣ってきたものが悉く捌かれてゆく。

 漁にいった男は、たとえ嵩利であっても包丁を握らせてくれない。女たちの仕事だから、だまって見守るしかないのだ。

 「タカちぃ。いかめしも拵えてあげッから、もうちょっと待ってなよ」

 そう言って、すこし手間のかかるものまで作ってくれ、諸々持ち合わせて別荘へ向かったのは、朝と昼の中ほどを過ぎたころだった。


 「艦長ォー、お早うございまァす」

 眠っていないとは到底おもえぬ声で、庭先から快活な挨拶をして寄越す。縁側のある部屋で朝寝をしていた加藤は、元気のよい海の子の声に応えて、寝返りをうちつつ嗄れたような声をあげる。威厳のかけらもない間延びした調子であった。

 「おーィ、千早大尉。艦長はふたりいるぞ、どっちだ」

 「ア、そうでした」

 「―む。何だ、その仰々しい手提げ桶は」

 「朝食と昼食です」

 「そうか。また何か持ってきてくれたのか。こちらから碌に挨拶もせぬというのに、ありがたいことだ。そうだな、あとで礼に伺うとしよう」

 一方の鷲頭は、いつもと変わらぬようすでいる。涼しげな単に袴をつけたかっこうで、玄関まで出てくる。

 すッとさりげなく嵩利の手から桶を受け取って、眼で中へ入れ、と促す。嵩利はお邪魔します、と言ってあがり、居間の座卓へ置いた桶の蓋をひらいてみせた。

 そこには、アオリイカの刺身から、うにと混ぜた即席の塩辛、煮つけ、いかめしまで、二人でたらふく食べられるくらい入っている。

 「千早くんは、食べないのか?」

 「ウン、ぼくは釣っただけでもう、満腹です。―お茶淹れてきますね。あっ、ひどいな。こんな出し殻になってるじゃァないですか」

 間髪入れずに、急須を持って出ていってしまったのを見送り、加藤と揃って食べる手をとめた。

 「じゃあ…昨晩の漁火は、あの船にあいつが乗っていたのか」

 「そうだな、私は詳しくないが、イカ釣りというのは夜間行うそうだから、多分そうだろう」

 徹夜で釣りをして、これだけの料理まで拵えて来たとしたら、おそらく一睡もしていないということになる。

 「ほうじ茶のほうがさっぱりすると思うので、どうぞ。あれ…どうかしました?」

 戻ってきてふたりの箸が止まっているのを見ると、俄かに心配そうな顔になる。鷲頭が、―いわゆる、海より深い、母の愛。に似たそれを、ひしひしと感じた瞬間であった。

 「いや、何時ごろきみのご親戚に礼を言いに伺おうかと、話していただけだ。こんなに美味いものは、久しぶりだよ」

 「あァー、ぼくの親戚は多分、礼なんか言いにきたら逆に怒りますから。やめておいた方がいいです」

 座卓の向こうでにこにこしながら言って、ふたりが料理を平らげるのを嬉しそうに見守っている。嵩利は港でイカの炊き込みめしを、たらふく食ってきたから、実際満腹だった。


 「オイ、春美。お前の嫁をなんとかしろ」

 「ん、どうした」

 海の幸を堪能したあと。

 桶をきれいに洗って、縁側へ乾かすのに立てかけると、加藤が手招きして呼んでいる。何事かと戻ってみれば、陣取っていた席に副官のすがたがない。卓越しの畳のうえに落ちている手が見え、更に近寄って覗き込むと卓のむこうで、まるで猫のようにころりと横になっているのが見えた。

 「御馳走様ちゅうのを、まだきちんと言うちょらんのにのう」

 郷里ことばでぼやいて、眠ってしまっている副官を抱き上げた。手際よく、向かいの間に敷き布団と上掛けを出した加藤は、親友と、その腕のなかで眠る寵児とに、温かなまなざしを向けた。

 「ようし、嫁が起きたら、三人で西瓜を食うか」

 「そいつはいいな」

 「春美、ついでに添い寝でもしてやれよ。おれはすこし散歩をしてくる。近くに気になる社があってな、詣でてきたいんだ。帰りに何か土産を買ってくるから、留守番頼んだぞ」

 実際、社巡りは殆ど習慣と言っていいほど染み付いた、加藤の趣味だった。嫌味のない気の利かせ方をして、かれは何やら、手帳に記したものを確かめつつ、出かけていった。
→【8話】 →目次へ戻る

web拍手 by FC2

| 綿津見の波の色は・11―20話 | 04:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://landofrisingsun.blog66.fc2.com/tb.php/129-2d404a97

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。