大日本帝國軍の愛と友情の日々

逓信省の検閲済でありますが、男色趣味満載ですので、苦手な方は華麗なターンでご退却下さい!所謂BL小説サイトです。右側に注意書きがございます。必ずご一読ください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


web拍手 by FC2

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

  綿津見の波の色は・第拾話

 次の間に布団が敷かれており、鷲頭は副官を抱き上げるなり、するりと襖の奥へ入っていった。寝具のうえで、脱がせかけていた軍袴を引き下げて取り払う。六尺を締めこんだ臀が、やけに艶かしい。

 熱い掌に臀を撫でまわされて、背にまでぞくぞくと震えがはしる。もう褌以外、何も身につけていない。前袋のうえから、ゆっくりと股間を煽られ、じわじわと理性を奪われるに至ってゆく。

 「きみを抱くのが、この一度きりだとおもうと、すこしばかり惜しい気がしてきた」

 すこしどころか、相当に惜しい。あと一度、二度はこうして淫れるすがたを堪能したい。鷲頭は抑制の箍を、外したくて堪らなかった。

 「何故です、艦長…もう、こうしてぼくに触れてはくださらないのですか…」

 切なく言う声が、鼻にかかったような甘さも含んで、鷲頭の耳を擽った。その妖艶さに息を飲んで、ことばを継ぐ。

 「そう決めているからな、こういうことは何度も…するべきではない。わかってくれ」

 六尺を解いて、一糸纏わぬすがたまで暴いてしまうと、ゆるゆると棹を握りこんで扱きつつ、耳もとへ優しく言いきかせるように囁いた。副官の一物は火照り、勃ちあがっている。

 「ん…っ、そんなの、嫌です…っ」

 「私とて同じなのだぞ。我が侭を言うな」

 「嫌…ッ」

 「聞き分けないか、優しくしてやらんぞ」

 手をつけた士官で、鷲頭に逆らったのは嵩利が初めてである。この一度きりは、暗黙の了解ともいえるもので、意図を説く必要もない。

 副官は男色をその身で知らぬとはいえ、そういったことの察しは悪い方ではないはず、と見ていたのだが…。

 「それも嫌…ぁ」

 ―もっと一緒に居たいのに、触れられる時はいま、この一度きりなんて、酷い―

 まったく、紅顔の美少年としか言いようのない、端麗な顔が憂いと切なさで満ちていた。濡れた唇を震わせて、微かに甘く囀る。

 ―困ったやつだ。

 落とした袴と絽の単を衣桁へさッ、と投げかけて、鷲頭も六尺を解いてしまう。鍛え抜かれたからだを、惜しげもなく晒していて、嵩利はしばし見惚れた。既にくっきりと際立った一物が、あたまを擡げている。

 「楽にしていろよ」

 しおらしい姿で、仰向けになっている副官へにじり寄ると、膝を掴んで脚を開かせた。

 本来は処女の頑ななそれを解すための軟膏を、たっぷりと菊座へ塗りこめ、つぷり、と人さし指をふたつめの関節まで沈めて、ゆっくりと内壁を撫であげる。

 「やァ…、擽ったい…」

 「こら、大人しゅうしちょれ」

 体内に生じる初めての感触は奇妙であったが、そのうちに塗りつけた軟膏が蕩けて、よく馴染んでくると、拡がった内壁は淫水に濡れたも同様で、ふたつ指を挿しいれてうごかせば、粘るような水音をたてさえする。

 「ぁ…あァ…っ、んっ」

 なかを軽く指さきで掻かれると、痺れるような感覚が走り、それだけで吐精してしまった。引き締まった腹筋のうえに飛び散った白濁が、とろりと臍の窪みへおちてとどまる。鷲頭は身を屈め、それを指と舌で余さず拭いとり、指に絡めたものもきれいに舐めとる。

 「艦長…っ」

 鷲頭の行為を目の当たりにし、真っ赤になって上ずった声をあげる。ついでに腕をかざして顔を隠してしまう。羞ずかしくて死にそうだった。

 「感じやすいちゅうのは、わかっちょる」

 覆い被さられて、腕を掴みあげられたついでに、ひどく優しく耳へ囁かれる。
→【3話】 →目次へ戻る

web拍手 by FC2

| 綿津見の波の色は・1―10話 | 02:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://landofrisingsun.blog66.fc2.com/tb.php/122-8b5a2769

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。