大日本帝國軍の愛と友情の日々

逓信省の検閲済でありますが、男色趣味満載ですので、苦手な方は華麗なターンでご退却下さい!所謂BL小説サイトです。右側に注意書きがございます。必ずご一読ください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


web拍手 by FC2

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

  綿津見の波の色は・第伍話

 相変わらず普段どおりの日々を送っていたが、不満もあった。嵩利が鷲頭のもとへ行って諸々の報告をしても、「そうか」とか「その通りやってくれ」とか、そんなことしか言われない。艦長公室へ居座れる口実を作ろうにも思いつくことがないから、副官になった途端に却って上官との距離が離れたようで、寂しさが増すばかりだった。

 鷲頭は、嵩利に細々としたことを一切任せきっているおかげで、各部署から上がってくる、少尉候補生の報告書に逐一目を通して、時には夕食が済んだあと、幾人かずつ候補生を艦長室へ招んで、励ましてやるようなこともしている。

 こうして若い者たちに心を砕ける時間がつくれるかどうかは、副官の良し悪しで決まると言っていい。

 特に荒天にも見舞われず、穏やかな航海であったから、少尉の卵たちは艦内生活にも大分慣れて、頼もしい顔つきになってゆくのを、鷲頭は内心の喜びとしていた。

 一方で、鷲頭は副官である嵩利も、常に注意深くみていた。どこか落ち着かなさそうにしていて、それを隠しているのがわかっていた。ある日、いつものように報告へ来るのを迎えて、数回黙って頷いたあと、差しだしてきた書類を受け取るついでに、手を掴みとって引きとめる。

 「何があった?」

 「いえ、何も…何もありません」

 言い淀んだ途端に、ごつい手に力がこめられ、痛いほど握りしめられる。嵩利はうろたえたが、上官の手を振り解くわけにもゆかず、かといって手を掴んで引き剥がすわけにもゆかず、空いた手をかれの袖に添えるにとどめた。

 「離してください、艦長。ぼくは―」

 猛禽のごとき目つきで睨みつけ、哀願するような調子で継ぐことばを遮った。かれを副官に迎えて、もうそろそろ三ヶ月になるというのに、ひとつの相談ごともしてこないのが気に掛かる。

 副官はそれほど不器用な性格ではないだろう、鷲頭自身とちがって。いったい、あの夏にみせた屈託のない顔はどこへ行ってしまったのか。問い質すことの要あり、と鷲頭は戸惑いの色をのせた副官の眼を鋭く見返した。

 「夜になったら、また来なさい」

 錆のある低い声でそう脅すように命じられ、嵩利は思わず顔を引き攣らせた。はいと返事をしないかぎり、上官は手を離してくれそうにない。

 「わ、わかりました」

 なぜ何も言わないのに、“抱えている”ことがわかったのだろう。しかしこんな我が侭な、稚拙すぎる不満など、鷲頭に言えるわけがない。ほんの少しの私的な時間くらいは、時々一緒に過ごしたい、などとは。

 「参ったナァ」

 くっきりと指のあとがついた手首をさすりつつ、中甲板を艦橋のほうへ歩いてゆく。もうそろそろ夕刻で、厨房から旨そうな甘煮の匂いが漂ってきた。

 「あー、…腹が減った…」

 夜をどう凌ぐか考えるも、思考は空腹に遮られる。こんなときでも嵩利の健啖は衰えない。食欲が脅かされるような状況など、めったにない。今回もそうで、まさに腹が減っては戦ができぬわけで。

 「まァ、怒られたら怒られたで、その時は諦めればいいべ」

 相手が、ごまかしの通用しない人物だというのは、嫌というほどわかっている。余りに狎れた態度は、上官に対する侮辱と取られても仕方のないことだが、鷲頭に対する想いは偽りのない気持ちなのだ。正直に告げるしかないだろう。そう言い聞かせて気持ちを落ち着かせる。

 嵩利には剛毅なところがある。所謂、物怖じという言葉を知らないような性格、といえばいいだろうか。しかし、時間が経つにつれて怖気づいてくる。ことがことだけに、侮辱と取られて処罰されるならそれでもいい。そうおもって胆を括ってはみたが、実際は括りきれていない。“それ”を言う勇気が全く湧いてこないのだ。

 夕食は士官室で、いつも以上に箸をすすめた。その小柄なからだのどこに入るのか、実によく食べた。殆ど自棄食いである。

 鷲頭の部屋へ行くまえに、上甲板に出て、艦首付近の砲塔のしたで座りこんだ。ここからだと海がよく見える。月明かりに照らされた波頭が淡く瞬くのが、とても美しい。潮の香は違うのに、故郷の浜が脳裏に鮮やかに浮かんでくる。

 あの時抱いた、鷲頭への気持ちは離れていないし、この航海のあいだに、大きく膨らんでいっている。きっと想いを告げたら、嫌われるかもしれない。否、嫌われるだろう。隠しとおして、嘘をついて嫌われるのとどちらがマシなのか、わからなくなる。

 懐中時計を見ると、夜九時をまわっている。これ以上待たせたらまずい、と重い腰をあげて中甲板へ降りて行った。
→【6話】 →目次へ戻る

web拍手 by FC2

| 綿津見の波の色は・1―10話 | 21:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://landofrisingsun.blog66.fc2.com/tb.php/117-3c4d6fcf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。