大日本帝國軍の愛と友情の日々

逓信省の検閲済でありますが、男色趣味満載ですので、苦手な方は華麗なターンでご退却下さい!所謂BL小説サイトです。右側に注意書きがございます。必ずご一読ください

2012年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年05月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


web拍手 by FC2

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

  大正六年の或る日

嫁を放置してはいけません

嵩利:大臣秘書官兼次官副官兼参議官副官(左上

新見:艦政本部長(右上

鷲頭:海軍次官(左下

那智:海軍大臣(右下


大正6年の4月くらい。長門が呉で建造されることが決まり、今度は陸奥の起工に着手、という時期です。

目の回る忙しさのなか、仕事を丸投げに任せて、大事な嫁を放っておくと漏れなく拗ねて怒ります、というひとコマです。

web拍手 by FC2
スポンサーサイト

| イラスト帖 | 22:32 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。