大日本帝國軍の愛と友情の日々

逓信省の検閲済でありますが、男色趣味満載ですので、苦手な方は華麗なターンでご退却下さい!所謂BL小説サイトです。右側に注意書きがございます。必ずご一読ください

≫ EDIT

  作品一覧・目次

綿津見の波の色は


一章:告白 【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】 【8】 【9】

二章:夏祭 【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】 【8】 【9】 【10】 【11】

三章:厳冬 【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】 【8】 【9】 【10】
      【11】 【12】 【13】 【14】

四章:秘密 【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】

五章:薫風 【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】 【8】 【9】 【10】 【11】         

六章:暗雲 【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】 【8】 【9】 【10】
      【11】 【12】 【13】 【14】 【15】 【16】 【17】 【18】
      【19】 【20】 【21】 【22】 【23】 【24】 【25】 【26】
      【27】 【28】 【29】 【30】 【31】 【32】 【33】 【34】
      【35】 【36】 【37】 【38】 【39】

七章:静穏 【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】 【8】 【9】 【10】
      【11】 【12】 【13】 【14】 【15】 【16】 【17】 【18】
      【19】 【20】 【21】 【22】 【23】 【24】

八章:金蘭 【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】 【8】 【9】 【10】
      【11】 【12】 【13】 【14】 【15】 【16】 【17】 

九章:激動 【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】 【8】 【9】 【10】
      【11】 【12】 【13】 【14】 【15】 【16】 【17】 【18】
      【19】 【20】

十章:長門 【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】 【8】 【9】 【10】
      【11】 【12】 【13】 【14】 【15】 【16】 【17】 【18】
      【19】 【20】 【21】 【22】 【23】 【24】 【25】 【26】
      【27】 【28】 【29】 【30】 【31】 【32】 【33】 【34】
      【35】 【36】 【37】 【38】 【39】 【40】

web拍手 by FC2

| 小説まとめページ | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

  作品一覧・目次

変わらぬ青空のしたで


一章:梅の香 【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】 【8】 【9】 【10】
       【11】 【12】

二章:雪の日 【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】 【8】 【9】 【10】
       【11】 【12】 【13】 【14】 【15】 【16】 【17】 【18】
       【19】 【20】 【21】 【22】 【23】 【24】 【25】 【26】
       【27】 【28】 【29】 【30】 【31】 【32】 【33】 【34】 【35】

三章:桜の宴 【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】 【8】 【9】

四章:七の夕 【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】 【8】 【9】 【10】
       【11】 【12】

五章:心の旅 【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】 【8】 【9】 【10】
       【11】 【12】 【13】 【14】 【15】 【16】 【17】【18】        

六章:魔の手 【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】 【8】 【9】 【10】 【11】
          
閑話:狼の罠 【1】 【2】 【3】

終章:桜の契・序 【1】


或いは終わりと始まり


終章:桜の契・完 【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】 【8】 【9】 【10】 【11】

web拍手 by FC2

| 小説まとめページ | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

  綿津見の波の色は・第佰玖拾壱話

耳を擽るような蝉の声と雀の囀りをきいて、いまが夜明けであるのに気がつく。夕食後早々に居間から追い出され渋々自室へ戻ったものの、やはり限界に到っていたのだろう。床を延べて横になってからすぐに意識が途切れたように眠りに落ちたようだ。心身ともに疲労感が抜けてい、絶えずピンと張っていたものがゆるりと撓んでいるのを感じ取りながら、嵩利は床を抜け出す。

裏手に回って井戸端で顔を洗うついでに水を浴びるのも良いかと思案したが、存外ひやりとした山風に肌を撫でられて揺らぎ、結局は風呂の罐に火をいれることにした。もう暫くすれば鷲頭も起き出してくるのだし、丁度良いと踏んだからだ。確か今日は公休日の筈であるからして、目覚めの床に忍び入っても構わぬだろうと、罐の火加減を確かめながらほくそ笑む。


湯をつかい、寝衣から白い麻の絽に着替えて、猫のように足音をたてぬよう鷲頭の居室へ向かう。襖を引くとそこは、障子が外のあかるさを透かしてぼんやりと光が入っていたが、続きの寝室は欄間と小さな明り取りの丸窓があるばかりで、まだ夜の帳に閉ざされている。

枕元へ膝をついて、相変わらず寝相の良い伴侶の顔を覗きこみ、唇を軽く吸った。嶮しさのない安らかな寝顔をいつまでも眺めていたかったが、嵩利の気配を感じたのか、鷲頭は僅かに身じろぎをすると薄く瞼を開いてこちらへ頭を傾けてみせる。

「…二度も寝込みを襲う積もりか」

「いけませんか…?」

囁くように訊くも鷲頭の返答は待たず、ふわりと薄い上掛けを取り去りつつ隣へ身を滑り込ませてぴたりと寄り添うのにも躊躇いはない。頬へ唇を寄せてくる嵩利の髪を撫でてやると、仄かに湯の香が漂う。

「ひとつ言っておくが…、今日は登庁日だぞ」

襟のあわせへ手を差し入れ、その肌へ触れたとき。浅い溜め息のあとに言った鷲頭の声色には、安堵とも惜しむともとれぬものが含まれていて、嵩利は脳裏で素早く計算をし直してみた。

「若し、そうだとしても…、まだ充分に時はありますよ」

肌へ触れさせた手がそろりと動いて、甘く誘う。すぐ傍に添う嵩利の囁く言葉に抗えず、揺れる自身を認めぬわけにはいかなかった。

「随分と大胆になったものだな」

「春美さんがそうさせているんですよ、あなたが…あんな風にぼくを受け入れてくれたから、もう、一昨日からずっと中てられ通しだっていうのに」

寝衣の帯を解き、裾や襟を搔き分け乱して現れる肌に唇をつけてゆきながら、嵩利が熱のこもった吐息混じりに言ってのける。鷲頭は一辺に耳まで熱くなるのを感じて、狼狽える。

「あ、あの時は…だな…」

口篭ったものの、うまい言い訳が咄嗟にできるような性格ではないし、そもそも言い逃れなければならぬ理由などないのだ。気羞ずかしいというだけで厭うているわけではないことを、鷲頭はほかに示す術がなかった。

「ふふ、わかっていますよ」

何もかも心得ている嵩利にとって、それ以上の言葉は要らない。やさしく囁く声に反して施す愛撫は益々その欲を増し、鷲頭のからだを弛緩させてゆくのに余念がない。

「う…あッ、…んッ」

未だ群青の闇に沈んでいる閨に鷲頭の低く艶めいた喘ぎ声が融けるのを、嵩利はやはりうっとりと半ば陶酔するような心持ちで聴きながら、鷲頭のからだを拓いてゆく。

「た、嵩利…、そこは、ァあ、あぁ…」

後孔に塗りこめた軟膏を絡めたふたつの指先で内壁の一点を押し上げると、びくりと腰を跳ねさせて応える。ゆるゆると舐めるように弧を描かせながら焦らすも、切なく求める眼差しを寄越す上気した鷲頭の貌を認めて、嵩利は情欲を抑えきれなくなり、指の動きをを止める。

「ぼくが欲しいですか…?」

真っ赤になった鷲頭の耳へ唇を触れさせ、妖花の蜜を含ませた声音で囁きかけながら、奮い立つ雄を曝け出してそこへあてがう。濡れた菊座を舐めるように棹を擦りつけると、鷲頭が喉の奥でくぐもったように呻いた。すぐにも、蕩ける裡に奥深くまで沈めて鷲頭の媚態を堪能したくて堪らなかったが、ひとこと、欲しいとその唇で紡ぐまでは焦らす積もりで。

「あぁ…、欲しい。午になろうとも、宵になろうとも、きみと離れたくない」

頭をかき抱くようにして艶を帯びた低い声で耳へ囁き返してくるのを、天にも昇るような心持ちで聴き、嵩利は腰を進めて鷲頭の裡へ雄を沈めてゆきながら、少し声を低くして訊くのを忘れなかった。

「ほんとうに一日、こうしていて良いのですか?登庁日では…?」

「…いいや、…公休日だ。実はきみの計算が正しい」

「もう、素直じゃないなァ」

「す、済まない」

「謝っても、駄目ですッ!今日は罰として一日中、離しませんからね」

そんな他愛のない遣り取りが交わされる閨の明り取りの窓には、濃い紫に変わりつつある空と、まだくっきりと明けの明星が覗いている。

→【39話】 →目次へ戻る

web拍手 by FC2

| 綿津見の波の色は・最新話 | 18:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT